修善寺虹の郷・ロムニー鉄道が復活しました!~温かい応援、ありがとうございました~

ページID : 3141

更新日:2023年03月01日

 令和3年11月5日(金曜日)から令和4年2月3日(木曜日)までの間、寄附を募っていた『修善寺虹の郷・ロムニー鉄道復活プロジェクト』につきまして、10,645,230円のご寄附をいただき、目標金額(10,000,000円)を達成することができました。

 ご寄附いただいた446人の皆さま、周知にご協力いただいた皆さま、ご理解・ご協力いただいた全ての皆さまに、心よりお礼申し上げます。

 皆さまの温かい応援のおかげをもちまして、修善寺虹の郷・ロムニー鉄道が復活しました!

『修善寺虹の郷・ロムニー鉄道復活プロジェクト』寄附終了画面のスクリーンショット

ロムニー鉄道の復活

沢山の方々が見に来られ、煙を出し出発するロムニー鉄道の写真

ロムニー駅を出発するロムニー鉄道

 令和4年3月5日(土曜日)、春先の暖かい日差しの中で、ロムニー鉄道の運行が再開しました。

 運行再開に立ち会った、菊地豊伊豆市長は「寄附していただいた方から『小さな頃から何度も乗っている』などの声をいただき、修善寺虹の郷の魅力を改めて感じた。寄附してくださった方へ市民を代表して感謝を申し上げる」と感謝の意を表しました。

 また、山下篤修善寺虹の郷支配人からは、「今後も、親子3世代が楽しめる施設を目指していく。地域のランドマークになれるように頑張りたい」と話がありました。

 11時15分の運行再開始発便には、子どもから大人まで多くの方が乗車し、ロムニー鉄道の車窓からの風景に目を輝かせていました。

 また、運行再開を記念して、修善寺虹の郷園内では、記念硬券切符(1日乗車券)販売や、駅弁特別販売、ちびっ子駅長体験などが行なわれました。

線路に新しい枕木が設置された写真

交換され、新しくなった枕木

後ろにピンクの花が咲いた木が並び、園内を走るロムニー鉄道を下から撮影した写真

園内を走るロムニー鉄道

ご寄附いただいた皆さまの記念銘板

設置した銘板を挟んで、菊地市長、山下支配人、佐藤副市長の記念写真

銘板設置記念撮影(菊地市長(左)、山下支配人(中央)、佐藤副市長(右))

 『修善寺虹の郷・ロムニー鉄道復活プロジェクト』にご寄附いただいた皆さまへ感謝の気持ちを込めて、記念の銘板を設置しました。

設置日

 令和4年3月5日(土曜日)

設置場所

 修善寺虹の郷ロムニー駅付近

掲載したお名前

 お名前(ローマ字(大文字)・姓名の順)をあいうえお順で掲載

  • 寄附者と異なるお名前やニックネームなどを希望された方は、個別に確認した内容で掲載しました。
  • 記名不要とご回答いただいた寄附者のお名前は掲載していません。
  • 掲載内容を変更することはできません。
ロムニー鉄道枕木交換工事記念銘板の写真

記念銘板

寄附者の皆さまから温かいメッセージをいただきました

 今回の寄附募集で使用した『ふるさとチョイス』では、寄附の際にメッセージを記入することができます。

 164人の寄附者の方から、公表可として、メッセージをいただきましたので、紹介します。

 約30年前の開園当時から訪れてくださっている方、子どもの頃から訪れていて今は自分の子どもを連れてきてくださっている方、修善寺虹の郷の風景が好きな方、鉄道ファンの方など、多くの方々に、修善寺虹の郷、そしてロムニー鉄道が親しまれていることを、メッセージを通して、改めて気付くことができました。

 いただいたメッセージは、市職員や、修善寺虹の郷スタッフなど、関係者の大きな励みになりました。

 メッセージを寄せてくださった寄附者の皆さま、温かいお言葉をありがとうございました。

ロムニー鉄道復活プロジェクト

錆びた線路の下に腐食していた枕木の写真

腐食していた枕木

 伊豆市にある修善寺虹の郷に、1990年の開園当初から親しまれてきた、日本で唯一の15インチゲージ鉄道『ロムニー鉄道』があります。

 しかし、線路の枕木が老朽化により腐食し、安全な運行を行うことができないため、運休を余儀なくされていました。
 再びSLを走らせるには、約1,090本の枕木を交換する必要がありました。

寄附募集(ガバメントクラウドファンディング)について

募集期間

 令和3年11月5日(金曜日)~令和4年2月3日(木曜日)

寄附金額/目標金額

  • 寄附金額10,645,230円
  • 目標金額10,000,000円

 目標金額を達成することができました。

寄附金の使い方

 ロムニー鉄道の枕木交換:約3,200本のうち腐食している約1,090本の交換
 目標金額を上回った寄附分については、ロムニー鉄道の補修工事費として活用させていただきます

使用した寄附サイト

ガバメントクラウドファンディングとは

 ふるさと納税制度を活用して行うクラウドファンディングなので、寄附をすることで税金の控除を受けたり、希望する返礼品をもらったりすることができます。

  • ふるさと納税のルールにより、伊豆市民への方へは、返礼品のご用意ができません。
  • ふるさと納税のしくみについては、下記リンクをご覧ください。

ふるさと納税とは

ふるさと納税とは、ふるさとや応援したい市・町・村、都道府県に『寄附』をした場合、2,000円を超える部分について、個人住民税や所得税が一定の限度額まで控除される制度です。
詳しくは下記リンクをご覧ください。

リンク集

この記事に関するお問い合わせ先

企画財政課 ふるさと納税係
伊豆市小立野38-2
電話:0558-88-8008 ファックス:0558-74-3067
お問い合わせフォーム

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか