現在地
  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育て支援
  4. 小児(5-11歳)の新型コロナワクチン接種について

小児(5-11歳)の新型コロナワクチン接種について

令和4年3月から、小児(5-11歳)を対象とした新型コロナワクチン接種を開始しています。
お子様と保護者の方でよく相談し、効果や副反応について理解した上で接種を受けてください。

小児(5~11歳)のコロナワクチンは現時点で、予防接種法上の努力義務の規定は適用せず、今後の最新の科学的知見をふまえ、引き続き議論することが適当であるとされています。 このような状況をふまえ、接種にあたってはワクチンの効果や副反応についてご確認いただき、ご検討くださいますよう、お願いします。

【厚生労働省Q&A】
小児(5~11歳)の接種では、どのような効果がありますか。

小児(5~11歳)の接種はどのような副反応がありますか。

なぜ小児(5~11歳)の接種は「努力義務」が適用されていないのですか。

・小児におけるオミクロン株の感染状況(感染者、重症化の動向)が未だ確定的でないこと(増加傾向の途上にあること)
・オミクロン株については、小児における発症予防効果・重症化予防効果に関するエビデンスが必ずしも十分でないこと(オミクロン株の出現以前の知見であること)


 【厚生労働省】新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(5~11歳のお子さんと保護者の方へ)
 【ファイザー社】新型コロナワクチン接種を検討されている5歳以上のお子さまの保護者の方へ

接種は強制ではなく、あくまでご本人の意思に基づき接種を受けていただくものです。様々な事情により、接種を受けたくてもできない人もいます。
周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないよう、皆さまに切にお願いします。

【対象者】
 接種日に5歳~11歳までの方(12歳の誕生日の前々日まで)
 ※1回目の接種日までに12歳になる場合は、12歳以上のワクチンを接種します。
 (12歳以上)新型コロナ  ワクチンの接種について

 ※1回目の接種後、2回目の接種前に12歳の誕生日がきた場合は、1回目の接種時の年齢に基づき、2回目も5~11歳用のワクチンを接種することとなります。


市内医療機関における個別接種を次のとおり実施しますので、希望される人は予約方法をご確認の上、予約をお願いします。(1回目のみ予約。2回目は3週間後の同一曜日・同一時間に確保されますので、2回目の予約は必要ありません)
【接種を受けられる日時・場所】
会場名 1回目 2回目 接種受付時間
中島病院 6月24日(金) 7月15日(金) 15時
7月 1日(金) 7月22日(金)
7月 4日(月) 7月25日(月)
7月 8日(金) 7月29日(金)
加藤内科 7月25日(月) 8月 22日(月) 14時30分~15時30分
8月 1日(月)
予約方法 ・ワクチン予約サイト
・コールセンター
・生きいきプラザ特設窓口
会場名 1回目 2回目 接種受付時間
今野医院 6月18日(土) 7月 9日(土) 9時~11時
7月 9日(土) 7月30日(土)
7月30日(土) 8月20日(土)
8月20日(土) 9月10日(土)
予約方法 ・上記受付時間内に、電話で予約(0558-75-7050)
・変更・キャンセルの連絡も、直接、今野医院に連絡
※今後、新たに国から示されるワクチン供給状況に応じて、日程を追加予定です。
 (ワクチン予約サイト・市ホームページでお知らせします。)

【ワクチンの種類】
 ファイザー社製(小児用)
  小児用ファイザー社ワクチン説明書

【接種回数】
 2回(1回目接種から3週間あけて2回目を接種)

【接種費用】
 無料(自己負担はありません)

【保護者の同伴について】
 予診・接種に同席ができる保護者(親権者または後見人)の同伴が必要です。
 ※保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で成人の方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能です。
  保護者が同伴できない場合の委任状

【接種を受ける前に】
 新型コロナワクチンと他のワクチンとの接種間隔などについては、かかりつけ医等にご相談ください。同時または前後2週間は、原則、他のワクチンを受けることはできません。
 また、お子様に基礎疾患があるときなど、ワクチンについての疑問や不安があるときも、かかりつけ医等によくご相談ください。


伊豆市予約サイト   
 コールセンター : 0570-015672(8:30~17:15 土日祝を除く)
 伊豆市小児用コロナワクチン予約マニュアル

【接種を受ける時の持ち物】忘れずにお持ちください。
 ①市より郵送されてきた封筒(接種券や予診票が送られてきた封筒)の中身一式
 ②本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
 ③母子健康手帳(接種を受けるお子様の接種履歴や接種間隔を確認します。またコロナワクチン接種後、接種記録を記載します。)
 ※母子健康手帳がない場合には接種が受けられませんので、事前に子育て支援課(生きいきプラザ2階)にて再発行を受けてください。
(再発行には時間を要しますので、接種直前ではなく、時間に余裕をもって申請をお願いします)
   母子健康手帳再交付申請書
 ④保護者以外の方が同伴する場合は委任状

【接種後の注意】
 接種後の注意点
 接種を受けた日は、激しい運動は控えてください。入浴は可能ですが、接種部分を強く擦ったりしないようにしてください。
 接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状が現れることがあります。大部分は12歳以上のワクチン接種後のものと同様に、数日以内に回復していきますが、おうちの方が様子を観察し、症状に合わせた対応をとってください。
 詳しくは、新型コロナワクチンQ&Aをご覧ください。
 ワクチンを接種した後も、マスクの着用など、感染予防対策の継続をお願いします。

【基礎疾患や障がいをお持ちの方へ】
 慢性呼吸器疾患、先天性心疾患等、重症化リスクの高い基礎疾患(※)を有する方や障がい(身体障がい・知的障がい・精神障がい)をお持ちの方
 接種にあたっては、あらかじめかかりつけ医等と、よく相談してください。
 早めの接種を希望される場合で、予約がとれない方は子育て支援課までご連絡ください。
 ※基礎疾患について… 日本小児科学会ホームページ

【小児(5-11歳)新型コロナワクチン接種に関する資料】
  厚生労働省
  5~11歳の子どもへの接種(小児接種)についてのお知らせ

  新型コロナワクチンQ&A

  日本小児科学会

●各種申請について

【接種券の再発行をご希望の場合(紛失、転入等)】
 紛失や破損等により接種券の再発行が必要な場合には、「再発行申請書」の提出が必要です。
 また、伊豆市に転入してきた場合にも申請が必要です。
 申請書を伊豆市役所子育て支援課にご提出ください。  
  接種券再発行申請書

【接種を受けた後に副反応が起きた場合の予防接種健康被害救済制度】
 一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。 救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
 新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
 なお、現在の救済制度の内容については、こちらをご参照ください。
 予防接種健康被害救済制度

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課母子保健スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9850  FAX:0558-72-1196