現在地
  1. トップページ
  2. オリンピック・パラリンピック
  3. 自転車まちづくり
  4. 伊豆市自転車まちづくり協議会

伊豆市自転車まちづくり協議会

伊豆市自転車まちづくり協議会とは

トップ写真

伊豆市は2019年まで開催されていた日本最大の『国際ロードレースTOUR OF JAPAN伊豆ステージ』や『ジャパントラックカップ』など国内主要トラックレースの開催地である日本サイクルスポーツセンターがあり、『自転車の聖地』としてこれまで日本のサイクリング文化の発展に貢献してまいりました。

また、伊豆半島一周サイクリングのようなサイクリングコースもあり、温暖な気候に海と山の自然が豊かなこの地域はサイクリングスポットとしてとても魅力です。

オリンピック写真

2020年の東京オリンピック・パラリンピックでのトラック競技とマウンテンバイクの開催地決定を機に、伊豆市では『伊豆市自転車まちづくり協議会』が発足しました。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催後のレガシー創出として、今後さらに国内外のサイクリストを受け入れる側としてのホスピタリティーを高め、サイクリストへの理解を深めるための取り組みを強化してまいります。

そのため、単に愛好家たちの誘致だけでなく『自転車』をきっかけに国内はもとより世界に向けてサイクリストのみならず、老若男女が定住・交流のできる地域づくりを持続的に拡大していく活動を目指します。

主な目的

『①市民への自転車の浸透』   『②受け入れ体制の整備』   『③情報発信の強化』

主な目的としては、市民・観光・サイクルスポーツの3つの視点から自転車のまちづくりの将来像を掲げながら、上記の『①市民への自転車の浸透』、『②受け入れ体制の整備』、『③情報発信の強化』を進めていくことです。

自転車はサイクリングによる健康促進だけではなく、観光、グルメなど旅の要素も兼ね備えた素晴らしい乗り物です。そんな自転車によるまちづくりを進めていく上で大きな役割を果たすのが『伊豆市自転車まちづくり協議会』になります。

このページに関するお問い合わせ

観光商工課自転車まちづくりスタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-74-2020  FAX:0558-72-9909