現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 感染症予防
  4. 令和4年度 高齢者用肺炎球菌予防接種のお知らせ

令和4年度 高齢者用肺炎球菌予防接種のお知らせ

肺炎は死因順位の第3位であり、特に高齢者においては死亡数が増加しているため、軽視できない病気です。このため、市では肺炎球菌による肺炎の重症化を予防するために、下記のとおり予防接種を実施します。元気で健康的な毎日を送っていても、高齢になると体調の変化などちょっとしたことがきかけで肺炎を起こしやすくなるため、元気な時に予防接種を受けることをお勧めします。

対象者

以下のすべてに該当する人が対象です。
  1. 伊豆市に住民登録がある人
  2. 公費補助の有無に関わらず、これまでに一度も23価肺炎球菌ワクチンを接種したことがない人
  3. 令和4年度中に以下の年齢になる人
  4. 65歳 昭和32年4月2日生 ~ 昭和33年4月1日生まれ
    ※制度の変更により特例措置が延長されたため、下記の年齢の人も対象となります。
    70歳 昭和27年4月2日生 ~ 昭和28年4月1日生まれ
    75歳 昭和22年4月2日生 ~ 昭和23年4月1日生まれ
    80歳 昭和17年4月2日生 ~ 昭和18年4月1日生まれ
    85歳 昭和12年4月2日生 ~ 昭和13年4月1日生まれ
    90歳 昭和7年4月2日生 ~ 昭和8年4月1日生まれ
    95歳 昭和2年4月2日生 ~ 昭和3年4月1日生まれ
    100歳 大正11年4月1日 ~ 大正12年4月1日生まれ

    接種期間

    令和4年4月1日から令和5年3月31日まで
    ※公費補助の対象になるのは今年度が最後です。早めに接種を受けましょう。

    接種医療機関

     令和4年度高齢者肺炎球菌予防接種実施医療機関名簿
    ※伊豆市・伊豆の国市・函南町以外の医療機関で接種を希望される場合は、市の発行する依頼書が必要です。接種を受ける前に健康長寿課にお問い合わせください。

    自己負担金

    4,260円(実際の接種費用の半分ほどの費用で接種ができます。)
    ※生活保護を受給している人は事前申請により自己負担金が免除されます。生きいきプラザ2階健康長寿課または各支所で申請をしてください。

    持ち物

    • 高齢者肺炎球菌予防接種予診票(4月にお送りした案内に同封されている紫色の用紙)
    • 自己負担金
    • 保険証

    その他

    過去に接種したワクチンが「13価肺炎球菌ワクチン」の場合は、今回の公費補助の対象になります。接種したワクチンが分からない場合は、接種を受けた医療機関にご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

健康長寿課健康医療スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9861  FAX:0558-72-1196