現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 新型コロナウイルス対策
  4. 【12歳以上対象】3回目の新型コロナワクチンの追加接種について

【12歳以上対象】3回目の新型コロナワクチンの追加接種について

令和4年3月4日現在の情報です。
※掲載情報は更新日現在のものであり、今後変更になる場合があります。
★3回目の接種券が届いてから予約をお願いします★
★小児(5~11歳)の新型コロナワクチン接種についてはこちら★

新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)について


新型コロナワクチンの追加接種(3回目接種)の実施について、国から方針が示されました。
伊豆市においても、国の方針に基づき接種体制を構築していきます。

追加接種について(厚生労働省Q&A)
https://www.cov19-vaccine

追加接種の目的

新型コロナワクチンを2回接種した場合であっても、接種後の時間の経過とともにワクチンの有効性や免疫原性(抗体の産生や細胞性免疫を誘導する性質)が低下することが報告されているため、3回目接種を行います。

接種対象者・回数・費用

伊豆市に住民票がある18歳以上で、新型コロナワクチンの2回目接種を終了した人のうち、6か月以上経過した人に、無料で1回の追加接種を行います。3回目の接種券は随時、対象となる人に送付します。

追加接種の実施時期

令和3年12月1日から令和4年9月30日まで

★12歳以上の接種券が届いた人が、2回目接種後6か月経過後に接種可能となりました★
令和3年12月17日、厚生労働省より、医療従事者や高齢者施設等の入所者などの一部の対象者は、2回目接種から8か月の経過を待たずに3回目接種ができる旨の方針が出されました。

接種券の発送状況について

11月30日以前に2回目の接種を完了した市民へ接種券を発送済(令和4年5月20日時点)
〇接種券は2回目の接種完了日を基準に随時発送しています。

使用するワクチン

〇ファイザー社製
〇武田/モデルナ社製

 伊豆市では、1・2回目は職域接種を除きファイザー社のワクチンを使用していましたが、3回目接種ではファイザー社と武田/モデルナ社の2種類のワクチンが供給されるため、交互接種(1・2回目はファイザー社、3回目は武田/モデルナ社)も準備しています。主に、医療機関での個別接種はファイザー社、公共施設での集団接種では武田/モデルナ社のワクチン使用を予定しています。
 
*新型コロナワクチン予防接種についての説明書(ファイザー社)【2021年12月改訂】
* 新型コロナワクチン予防接種についての説明書(武田/モデルナ社)【2021年12月改訂】
 
1・2回目と違うワクチンを選んでも問題ありません。
 
* 1・2回目接種と異なるワクチンを使用しても大丈夫ですか。(厚生労働省Q&A)
* 〔65歳以上の方へ〕3回目接種に使用するワクチンのお知らせ(厚生労働省)

新型コロナワクチンの有効期限の取扱いについて


ファイザー社製ワクチンの取り扱いについて
ファイザー社製ワクチンは、超低温(-90℃から-60℃)で保存する場合の有効期限が「6か月」から「9か月」に延長されました。

令和4年2月28日以前の有効期限がバイアル(ラベル)に印字されているワクチンには、製造日から「6か月後」の有効期限が印字されていますが、有効期限が「9か月」まであるワクチンとして取り扱って差し支えないこととされました。

武田/モデルナ社製ワクチンの取り扱いについて
武田/モデルナ社製ワクチンは、‐20℃±5℃で保存する場合の有効期限が、令和3年7月16日に「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から「9か月」に延長されました。

令和4年3月1日以前の有効期限がバイアル(ラベル)に印字されているワクチンには、製造日から「6か月後」または「7か月後」の有効期限が印字されていますが、有効期限が「9か月」まであるワクチンとして取り扱って差し支えないこととされました。
ファイザー社製ワクチン・武田/モデルナ社製ワクチンの有効期間の取扱いに関する詳細については、下記厚生労働省ホームページをご確認ください。

厚生労働省ホームページ

接種できる場所

集団接種
(モデルナ)
生きいきプラザ、土肥支所
個別接種
(ファイザー)
紀平クリニック、南雲整形外科クリニック、伊豆慶友病院、中伊豆温泉病院、土肥クリニック、加藤内科、順天堂大学静岡病院

大和堂医院、今野医院、佐藤医院に通院中の人は受診時にご相談ください。

※修善寺クリニックでの接種は、2月末で終了しました。

予約方法

2回目の接種日に応じて接種券を発送しています。
接種券が届いてから予約をお願いいたします。

★ネット予約
予約専用サイトはこちら


★電話予約
 📞0570-015672
 時間:平日8:30~17:15
 開設:開設中(3回目接種の予約は令和4年1月11日8:30から開始)
 必要なもの:必ず3回目の接種券をご準備の上、お電話ください。

★予約相談窓口
 場所:生きいきプラザ及び各支所
 時間:平日8:30~17:15(各支所は8:30~12:00、13:00~17:15)
 開設:令和4年1月11日(火)から開設予定
 持ち物:必ず3回目の接種券を持ってお越しください。

★予約支援
 75歳以上の高齢者には予約支援申し込みはがきを同封します。
 支援を希望される場合には、はがきに必要事項をご記入の上、ご投函ください。
 後日、順番に職員がお電話し、予約調整いたします。

各種申請

接種券の再発行について


次に該当する方は、接種券の発行には申請が必要です。
・他市町村で2回目接種をしてから伊豆市へ転入した人
・2回目の接種を受けてから8か月経過しているが接種券が届かない人
・接種券を紛失した人
・海外で初回(1,2回目)接種を受けた人
・海外在留邦人等向け新型コロナワクチン接種事業(羽田空港や成田空港での接種)で初回(1,2回目)接種を受けた人
・在日米軍従業員接種で初回(1,2回目)接種を受けた人
・製薬メーカーの治験において初回(1,2回目)接種を受けた人
 接種券発行申請書 (3回目接種用)
〇持ち物
 ・申請書
 ・身分証明書
〇接種者以外がお手続きをする場合は委任状をご準備ください。
 委任状(接種券の交付)

住所地外(市外在住者)の接種について

下記に当てはまる場合には申請書の提出により住所地外接種が可能となります。
・単身赴任者
・遠隔地へ下宿中の学生
・里帰り出産による帰省等
・その他やむを得ない事情があり住民票所在地外に居住している
 所地外接種届(申請書)
〇持ち物
 ・申請書
 ・接種履歴がわかるもの
 ・身分証明書
 ・3回目の接種券(住所地から発行されたものを使用します。)
〇接種者以外がお手続きをする場合は委任状をご準備ください。
 委任状(住所地外接種届出)

お願い

新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。
予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意思で接種を受けていただいています。
受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。
職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。
事業主・管理者の方におかれましては、接種には本人の同意が必要であることや、医学的な事由により接種を受けられない人もいることを念頭に置いて、接種に際し細やかな配慮を行うようお願いいたします。

職場におけるいじめ・嫌がらせなどに関する相談窓口は こちら をご確認ください。
人権相談に関する窓口(法務省)は こちらをご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

健康長寿課健康医療スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9861  FAX:0558-72-1196