現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 新型コロナウイルス対策
  4. 感染リスクを高めやすい場面に注意しましょう!

感染リスクを高めやすい場面に注意しましょう!

 令和2年9月25日(金)、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で、感染リスクを高めやすい場面が示されました。

 以下の感染リスクを高めやすい場面に気を付けて、引き続き、新型コロナウイルス感染症対策を続けていきましょう。

感染リスクを高めやすい場面

①飲酒を伴う懇親会


 飲酒に伴い聴覚が鈍磨すると考えられ、大きな声になりやすい。
 また、飲酒の影響で、感染防止のガードが下がると考えられる。
 特に敷居などで区切られている狭い空間に、長時間、大人数が滞在することになることで、感染リスクが高まると考えられる。

②大人数や深夜におよぶ飲食


 深夜に及ぶ飲食は、昼間の通常の食事に比べて、感染リスクが高まると考えられる。

③大人数やマスクなしでの会話


 接客や下記④の仕事後や休憩時間などの際にマスクを外して会話をすることで、感染リスクが高まると考えられる。

④仕事後や休憩時間


 しっかりとした感染対策をとった事務的な仕事そのものの感染リスクは低いと考えられるが、仕事後や休憩時間に密な状況が生じると、感染リスクが高まると考えられる。

⑤集団生活


 学校の寮など、大人数が閉鎖空間に長時間一緒にいる場合には、感染リスクが高まると考えられる。

⑥激しい呼吸を伴う運動


 換気の悪い閉鎖空間で人と人との距離が近く、激しい呼吸を伴う運動を行なうと、感染リスクが高まると考えられる。

⑦屋外での活動の前後


 屋外での活動自体については感染リスクが低いと考えられるが、その前後の車での移動や食事などで三密が生じると、当然、感染リスクが高まると考えられる。







最終更新日:令和2年10月16日(金)

このページに関するお問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策室
伊豆市小立野38-2  電話:0558-88-4567  FAX:0558-72-9891