現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 新型コロナウイルス対策
  4. 次亜塩素酸水の無償配布を終了します(6/29)

次亜塩素酸水の無償配布を終了します(6/29)

 新型コロナウイルス感染症の影響により、アルコール消毒液などが品不足となっていることから、感染防止対策として市民および市内事業者の皆様へ次亜塩素酸水の配布を行います。(6/29終了)

次亜塩素酸水の無償配布を6月29日をもって終了します

 次亜塩素酸水の配布については、NITE(独立行政法人製品評価技術基盤機構)の新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価により、台所用洗剤などの身近で安全性の高い製品でも新型コロナウイルスの除菌ができることがわかってきたことなどから、6月29日をもって終了します。
 NITEの有効性評価の内容および新型コロナウイルスに有効な台所用洗剤等につきましては以下のリンクをご確認ください。
 厚生労働省・消費者庁と合同で、新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について取りまとめました
 NITE「新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について最終報告をとりまとめました。」



次亜塩素酸水とは

 次亜塩素酸水とは、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる次亜塩素酸を主成分とする水溶液(出典:厚生労働省)です。
 今回配布する次亜塩素酸水は、専用の装置から生成したもので、厚生労働省が食品添加物として指定する次亜塩素酸水の成分規格を満たしており、安全性が高いとされています。
 経済産業省においても、次亜塩素酸水が新型コロナウイルスの除菌に有効な可能性が高いとして、その有効性を評価する実験を開始しています。
 ※次亜塩素ナトリウム水溶液(漂白剤)とは別物です。次亜塩素ナトリウム水溶液は、目や肌への影響があり、取扱いには十分注意が必要です。

配布場所&配布日

・狩野ドーム/毎週火曜日~日曜日(祝日も配布します)
・生きいきプラザ/毎週火曜日~金曜日(祝日を除く)
・伊豆市役所各支所(中伊豆支所、天城湯ヶ島支所、土肥支所)/毎週火曜日~金曜日(祝日を除く)

 配布時間は、10時から16時までです。

※密集・密接を避けるため、ご家族連れでの来場はご遠慮ください。

配布数量

1世帯(事業者)1回500mlまで
※容器の配布は行いませんので、洗浄済みのペットボトル等をご持参ください。(金属性の容器は不可)
※期間中、何度でもご利用できます。

次亜塩素酸水の使用方法

・テーブル等の清掃
 汚れや油分を除去してから、次亜塩素酸水を直接散布し、清潔な布やペーパータオルで拭きとる。

・ドアノブなど金属の清掃
 清潔な布やペーパータオルに散布してから丁寧に拭きとる。

・手指等の消毒
 手指等の消毒には、石けんを使用した手洗いの方が効果を見込めます。
 もし次亜塩素酸水を使用する場合は、したたり落ちる程度に手に吹きつけ、なじませるようにすり込んだのち、きれいな布等で拭きとってください。アルコールとは異なり、揮発性はありません。

 次亜塩素酸水の配布方法

注意事項

来場について


・体調がすぐれない方の来場はご遠慮ください。
・マスク等を着用するなど、咳エチケットにご協力ください。
・配布に際しては、間隔を空けてお並びください。

保管方法について


・容器には、「日付」と「次亜塩素酸水」を必ず明記してご使用ください。
・金属製の容器には入れないでください。
紫外線(日光)や外気に触れると除菌効果が低下します。容器のフタをしっかりと閉め、直射日光の当たらない涼しい場所で保管すれば、数週間の使用が可能です。
・飲料用ではありません。お子様の手の届かないところで保管してください。

使用方法について


・次亜塩素酸水は、目や肌への影響が低いとされていますが、万が一体質に合わない場合は、使用しないでください。
・今回配布する次亜塩素酸水は、有効塩素濃度が20ppm、pHが2.8の弱酸性次亜塩素酸水です。薄めずにご使用ください。また、絶対に別の薬剤と混ぜないでください。

このページに関するお問い合わせ

観光商工課観光商工スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-72-9911  FAX:0558-72-9909