現在地
  1. トップページ
  2. くらし手続き
  3. 税金
  4. 新型コロナウイルスの影響による市税の徴収猶予の「特例制度」

新型コロナウイルスの影響による市税の徴収猶予の「特例制度」

 新型コロナウイルス感染症の影響により事業等に係る収入に相当の減少があった方は、最大1年間、無担保かつ延滞金なしで市税の徴収の猶予を受けることができます。


◇対象となる方(次の①②いずれも満たす方)
①新型コロナウイルスの影響により、令和2年2月以降において、事業等に係る収入が前年同期に比べ概ね20%以上減少していること。
②一時に納付し、又は納入を行うことが困難であること。


◇対象となる市税
令和2年2月1日から令和3年1月31日までに納期限が到来する「個人住民税」「固定資産税」「法人住民税」「国民健康保険税」「軽自動車税」等が対象となります。
※後期高齢者医療保険料と介護保険料は特例の対象となりません。


◇申請期限
関係法令の施行から2ケ月後、又は、納期限のいずれか遅い日までに申請が必要です。


◇必要書類
収入が前年同期に比べ、概ね20%以上減少していることが分かる書類。
例)売上帳、現金出納帳、給与明細、預金通帳(ネット銀行の場合は、紙に出力)のコピー等


◇申請書提出方法
・市内及び近隣市町にお住まいの方は、窓口での密集を避けるため、下記電話番号での来庁予約(1日の対応件数に限りがあります)又は郵送やeLTAXでの提出をお願いします。
・県外等遠方にお住まいの方は、郵送又はeLTAXにて申請いただけます。
・申請内容に不足や不備等がありましたら、電話にて聞き取りを行います。


◇申請期限
 関係法令の施行から2ケ月後、又は、納期限のいずれか遅い日までに申請が必要です。


◇申請書(ダウンロードできます)
  徴収猶予の特例制度が受けられない場合は、現行の制度となります。個別に相談が必要になりますので、下記電話番号にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

税務課徴収スタッフ
伊豆市小立野38-2  電話:0558-72-9853  FAX:0558-72-6588