現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 新型コロナウイルス対策
  4. 小規模事業者持続化補助金に係る証明書の発行について(新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者)

小規模事業者持続化補助金に係る証明書の発行について(新型コロナウイルス感染症による影響を受けた事業者)

小規模事業者持続化補助金について

 小規模事業者持続化補助金とは、小規模事業者が持続的な経営に向けた経営計画を作成し、それらに基づいて行う販路開拓や生産性向上に資する取り組みについて、経費の一部を補助するものです。商工会が申請窓口となります。

 公募要領・スケジュールなどの詳細は、下記ホームページをご覧ください。
(1)小規模事業者持続化補助金<一般型> http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_r1h/
「一般型」での売上高10%減少によるコロナ加点は、6月5日(金)の第2回締切で終了となります。

(2)小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型> http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_t/

 ※本補助金は、「持続化給付金(法人に最大200万円、個人事業者に最大100万円を給付)」とは別の補助金です。持続化給付金については下記ホームページをご覧ください。
 持続化給付金:https://www.jizokuka-kyufu.jp/

証明書の発行について

 当該補助金の申請にあたり、新型コロナウイルス感染症に起因して売上減少が生じている市内事業者に対し、証明書の申請を受け付けております。本証明書は、以下の内容を補助金申請時に希望される場合に必要です。

(1)小規模事業者持続化補助金(一般型)
 新型コロナウイルス感染症に起因して前年同月比10%以上の売上減少が生じている事業者に対し、採択審査時における加点(新型コロナウイルス感染症加点)が行われます。

(2)小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)
 前年同月比20%以上の売上減少が生じている事業者に対し、審査後、概算払いにより「交付決定額の50%」が即時支給されます。

 ※証明書発行には2~3営業日を要することがあるため、時間に余裕をもって申請してください。

 ※小規模事業者持続化補助金の申請には、経営計画書や事業補助計画書などの書類が別途必要となりますので、当該補助金を申請される際は、事前に伊豆市商工会にご相談ください。

対象者


 新型コロナウイルスの影響により、2020年2月以降、任意の1ヶ月の売上高が前年同月と比べて以下のとおり減少している事業者

(1)小規模事業者持続化補助金(一般型):10%以上減少
(2)小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型):20%以上減少

※創業1年未満の場合の減少率の算出方法は、証明申請書様式をご確認ください。

証明申請書


(1)小規模事業者持続化補助金(一般型)証明申請書
  小規模事業者持続化補助金(一般型)証明申請書(word)
  小規模事業者持続化補助金(一般型)証明申請書(PDF)

(2)小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)証明申請書
  小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)証明申請書(word)
  小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)証明申請書(PDF)

 ※(1),(2)ともに、セーフティネット保証4号の認定を受けている方は、認定書の写しで代用できます。

 任意の様式で構いませんので、売上を証明できる書類(売上台帳、計算表、損益計算書など)を添付してください。

このページに関するお問い合わせ

観光商工課観光商工スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-72-9911  FAX:0558-72-9909