現在地
  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育て支援
  4. こどもの定期予防接種

こどもの定期予防接種

ワクチン接種で感染症の予防を

予防接種は、感染症にかかる前にワクチンによって免疫をつけ、感染症の発症を予防、または軽症化します。
新型コロナウイルスの感染を恐れて予防接種を控える傾向がありますが、予防接種は不要・不急の外出ではありません。
体調を整え、スケジュールに沿って定期的に接種しましょう。
 遅らせないで!子どもの予防接種と乳幼児健診(厚生労働省)
 新型コロナワクチンとそれ以外のワクチンの接種間隔について

こどもの定期予防接種一覧

※令和2年10月1日より、異なるワクチンの接種間隔が緩和され、生ワクチンの注射から生ワクチンの注射以外の接種間隔の制限がなくなりました。
予防接種ワクチン名 接種回数 対象者 標準的な接種期間
ロタリックス
※令和2年10月1日より定期予防接種に追加されました。
2回 生後6週0日から生後24週0日に至るまでの間にある者
R2.8月生まれ以降の者
生後2か月~24週
ロタテック
※令和2年10月1日より定期予防接種に追加されました。
3回 生後6か月0日から32週0日に至るまでの間にある者
R2.8月生まれ以降の者
生後2か月~32週
ヒブ
(Hib感染症)
初回:3回 生後2か月~5歳に至るまでの間にある者 生後2か月~7か月に至るまで
追加:1回 生後11か月~5歳に至るまでの間にある者 初回接種終了後、7か月~13か月の間隔をおく
小児肺炎球菌
(13価)
初回:3回 生後2か月~5歳に至るまでの間にある者 生後2か月~7か月に至るまで
追加:1回 1歳~5歳に至るまでの間にある者 初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて、1歳~1歳3か月に至るまで
B型肝炎 初回:2回
追加:1回
生後2か月~1歳に至るまでの間にある者 生後2か月~9か月に至るまで
BCG
(結核)
1回 1歳に至るまでの間にある者 生後5か月~8か月に至るまで
四種混合
(ジフテリア・百日せき・破傷風・急性灰白髄炎)
1期初回:3回 生後3か月~7歳6か月に至るまでの間にある者 生後3か月~1歳に至るまで
1期追加:1回 1歳6か月~7歳6か月に至るまでの間にある者 初回接種終了後、12か月~18か月の間隔をおく
MR
(麻しん・風しん混合)
1期:1回 1歳~2歳に至るまでの間にある者
2期:1回 5歳以上7歳未満で、小学校就学1年前の者(年長児)
水痘 2回 1歳~3歳に至るまでの間にある者 1回目:1歳~1歳3か月に至るまで
2回目:1回目終了後、6か月~12か月の間隔をおく
日本脳炎 1期初回:2回 生後6か月~7歳6か月に至るまでの間にある者 3歳~4歳に至るまで
1期追加:1回 生後6か月~7歳6か月に至るまでの間にある者 4歳~5歳に至るまで
2期:1回 9歳以上13歳未満の者 9歳~10歳に至るまで
日本脳炎
※特例対象者
1期・2期不足分 平成19年4月1日以前に生まれた者であって、20歳未満にある者
日本脳炎
※特例対象者
1期不足分 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの者で、9歳~13歳未満にある者
二種混合
(ジフテリア・破傷風)
2期:1回 11歳以上13歳未満の者 11歳~12歳に至るまで
子宮頸がん予防
(ヒトパピローマウイルス)
2価:3回
4価:3回
小学6年生~高校1年生相当の年齢者
中学1年生

≪子宮頸がん予防ワクチン≫定期接種対象者の皆様へ

 子宮頸がん予防ワクチンの接種については、積極的な勧奨見合わせが解除され、対象期間内は定期接種として公費で接種が受けられます。(標準的な接種年齢…中学1年~高校1年相当の女子)
 
≪子宮頸がん予防ワクチン≫の積極的な勧奨の差し控えにより、接種機会を逃した皆様へ
次の2つを満たす方は公費で接種が受けられます。
・平成9年生まれ~平成17年度生まれまで
・過去にHPVワクチンの接種を合計3回受けていない

【接種期間】
令和4年4月~令和7年3月の3年間
接種を希望される方は、子育て支援課までお問い合わせください。
ワクチン接種について、ご検討・判断するためのワクチンの有効性・安全性に関するリーフレットや厚生労働省のホームページなどをご確認ください。

≪子宮頸がん予防接種リーフレット≫
 (概要版)小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ
 (詳細版)小学校6年~高校1年相当の女の子と保護者の方へ大切なお知らせ
≪厚生労働省リンク資料≫
ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~
≪静岡県リンク資料≫
予防接種(子宮頸がん予防ワクチンの総合相談窓口)

 
※子宮頸がん予防ワクチンは、2種類あります。(サーバリックス【2価】とガーダシル【4価】)   
どちらも、3回接種で完了となります。
それぞれ接種間隔は異なりますが、3回完了まではおよそ6か月です。
 子宮頸がん予防ワクチン実施医療機関
 

接種医療機関

 伊豆市の指定医療機関で接種できます。
 『令和4年度母子保健事業のご案内』の委託医療機関をご確認いただき、事前に予約してからお出かけください。
 なお、掲載医療機関以外で受診を希望される方は、子育て支援課までお問い合わせください。    
 
 【持ち物】母子健康手帳、予診票 
 令和4年度母子保健事業のご案内

伊豆市の指定医療機関以外(静岡県内のみ)で接種を希望する場合

 伊豆市に住所を有する方で、里帰り出産、かかりつけ医が伊豆市の指定医療機関以外(静岡県内)にある、その他やむを得ない事情等による場合、定期予防接種を伊豆市の指定医療機関以外(静岡県内のみ)でも受けることができます。
 伊豆市から医療機関への依頼書が必要となるため、事前に申請手続きをしてください。

【申請方法】
子育て支援課窓口または電話(0558-72-9850)にて申請してください。接種予定医療機関、接種予定日、
接種希望理由を確認します。
  ※依頼書の発行には数日かかる場合がありますので、早めの申請をお願いします。

【接種方法】 依頼書、予診票、母子健康手帳を持参の上、医療機関で接種してください。

静岡県外の医療機関で予防接種を希望する場合

 伊豆市に住所を有する方で、里帰り出産等で長期にわたり静岡県外に滞在する場合や、やむを得ない事情等により静岡県外の医療機関で接種を希望する場合、定期予防接種費用を償還払いにより助成します。
 事前に申請手続きが必要です。子育て支援課窓口で申請してください。

【助成額】 定期予防接種費用の額とし、一般社団法人田方医師会との定期予防接種委託料を上限とする

【申請できる期限】 接種した日から1年以内

【申請の流れ】 
   1.実施依頼   ①接種する医療機関を決めたら、子育て支援課で「実施依頼申請」をしてください。
             【持ち物】母子健康手帳
            ②市が県外の医療機関宛ての「実施依頼書」を発行します。
              ※発行まで1週間程度かかります。
  
   2.接  種   県外の医療機関で接種をしてください。
             【持ち物】実施依頼書・予診票・母子健康手帳
  
   3.償還払申請  子育て支援課で「助成申請兼請求」をしてください。
             【持ち物】領収書・予診票(記入済)・印鑑・母子健康手帳(予防接種記録が記                  
                  入してあること)・振込口座が分かるもの
     
   4.決定・支払い ①助成額が決定したら、「定期予防接種費用助成決定通知書」を送付します。
            ②決定後、1か月程度でお支払いします。
    

このページに関するお問い合わせ

子育て支援課母子保健スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9850  FAX:0558-72-1196