現在地
  1. トップページ
  2. 防災・安全
  3. 防災
  4. 医療救護所について

医療救護所について

災害時には医療救護所を開設します

  1. 医療救護所とは?

  2. 災害時に応急手当てを中心とした医療救護活動を行う場です。
    大規模災害が発生すると、多数の負傷者が出るおそれがあります。また地域の医療機関も被害を受け、機能しなくなる可能性があります。
    市はそのような混乱の中、1人でも多くの命を救うため、医療救護所を開設します。

  3. どんな状況で開設されるの?

  4. 震度6弱以上の地震が発生した場合、医師等は、開業している診療所等を閉鎖して、救護所に参集します。
    医師等の医療スタッフが参集できない場合は、開設することができない場合があります。

  5. どこに開設されるの?

    • 修善寺地区:修善寺生きいきプラザ
    • 中伊豆地区:中伊豆小学校 体育館
    • 天城湯ヶ島地区:中島病院
    • 土肥地区:土肥小中一貫校 海晴(みはる)ホール

    ただし、被害状況や負傷者の発生状況、医師や看護師などの参集状況などを考慮して、場所が変更になる場合があります。 救護所を開設した場合は、同報無線や防災メール、FMIS(エフエムイズ)などでお知らせします。

  6. 医療救護所の役割は?

  7. 医療救護所で行う医療は、田方医師会伊豆市支部、田方歯科医師会伊豆市支部、薬剤師会伊豆市支部に協力していただき、医師・歯科医師・薬剤師などの医療救護班が担います。 しかし、通常の医療機関とは違い、設備や医薬材料などが十分ではありません。そのため、医療救護所では主にトリアージを行い、重傷者や中等症者の応急手当が優先されます。

  8. トリアージって?

  9. トリアージとは、多くの負傷者が発生した場合に、できるだけ多くの命を救うため、治療の必要性・緊急性が高い人とそうでない人をグループ分けし、治療や医療機関への搬送の順位をつけることです。

  10. 救護所の開設期間は?

  11. 医療救護所は、開設されると24時間体制で、医療救護班が交代制で運営し、開設期間は発災からおおむね3日間程度です。 その後は、一般診療所や病院での診療に移行していきます。

  12. 災害医療の流れは?

  13. 災害発生→医療救護所→救護病院→災害拠点病院
    • 軽症者は?
    • ご家庭や自主防災会などの地域組織の中で処置をお願いします。
    • 重症者・中等症者は
    • 医療救護所で応急手当てを行った後、必要に応じて救護病院などに搬送され、そこでもまだ十分でない方は、災害拠点病院へ搬送されます。 搬送人員も十分でないことが予測されますので、地域の動ける方に、搬送にご協力をお願いする場合があります。
    • 救護病院
    • 伊豆赤十字病院、中伊豆温泉病院
    • 災害拠点病院
    • 順天堂大学静岡病院


自分で作れる経口補水液(脱水予防)

材料
  • 水 1リットル
  • 塩 3グラム
  • 砂糖 30グラム
作り方 混ぜるだけ。災害持出品に準備をしておきましょう。

このページに関するお問い合わせ

健康支援課健康医療スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9861  FAX:0558-72-1196