現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 高齢者
  4. 伊豆市の認知症施策について

伊豆市の認知症施策について

伊豆市の認知症推計

高齢化に伴う認知症の人の増加への対応は全国共通の課題です。特に伊豆市の高齢化率は38.8%(2018年4月現在)となっており、その割合は年々増加しているため、認知症の人の数も年々増加していくことが予測されています。

2018年現在の伊豆市の認知症の人の数の推計値は2028人(※高齢者の16.8%)ですが、7年後の2025年の推計値は2429人(※高齢者の20.6%)となる見込みです。  ※久山町九大研究の糖尿病有病率の増加により認知症推計値が上昇すると仮定した場合の数値を使用。

このため、認知症の人が認知症とともに寄り添いながら暮らしていけるような環境整備を行っていく必要があります。

認知症サポーター養成講座

上記のように、認知症の人の数は年々増えることが見込まれ、他人ごとではありません。

多くの人に認知症について正しく理解してもらい、認知症の人や家族を地域で見守っていく必要があります。

その一つとして、「認知症サポーター養成講座」があります。 認知症サポーター養成講座は、「キャラバンメイト」と呼ばれる認知症について詳しく学んだ人が講師となり、地域の人々誰もが受けられる講座です。

伊豆市では、年1回程度市民向けの講座を開催しています。また、学校や事業所、地域の集まりで認知症サポーター養成講座を随時おこなっています。 概ね10人以上集まれば講師を派遣して行うこともできます。 認知症サポーター養成講座 依頼書

今年度の市民向け認知症サポーター養成講座について:平成30年12月頃を予定しています。決まり次第お知らせします。

【認知症サポーター養成人数】

平成30年3月現在  3121人

平成31年3月目標値 3300人

平成32年3月目標値 3450人

平成33年3月目標値 3600人

安心くつシール事業

認知症で徘徊の恐れのある方の見守りや早期発見の強化のために、平成29年5月より安心くつシール事業を実施しています。

具体的な方法としては、認知症で徘徊の恐れのある方の家族が市に本人や家族の情報を申請・登録し、引き換えに靴のかかと等に貼るオレンジ色の市名・番号入り蛍光シールを10足分交付。本人の履く可能性のある靴に全て貼っておきます。

本人が徘徊等で保護された際、警察や消防で靴のかかとのシールで番号を確認し、市に連絡すると、本人や家族の連絡先が分かる仕組みです。申請受付およびお問い合わせは長寿介護課または各地域包括支援センターまでお願いします。
 安心くつシール チラシ 安心くつシール申請書

このページに関するお問い合わせ

長寿介護課高齢者支援スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9860  FAX:0558-74-0151