熱中症予防

今年の夏は、例年に比べて平均気温が2~3℃上昇しており、熱中症の人が多く発生しています。今後も厳しい暑さが続くことが予想され、熱中症にかかるリスクも高くなります。
適切な予防策をとって、熱中症を予防しましょう。

一般的な熱中症対策について

環境省のウェブサイトで、熱中症のかかりやすさを示す「暑さ指数(WBGT)」を公表しています。これらの情報を随時確認し、熱中症にかからないようにしましょう。
[参考]
環境省 熱中症予防情報サイト(外部サイト)
環境省 熱中症環境保健マニュアル2018(外部サイト)

熱中症の予防法

屋内でも熱中症にかかることがあります。屋内だからと油断せずに、下記の熱中症対策をとりましょう。 また、高齢者や子どもは体温調節がうまくできず、熱中症にかかりやすいため、特に注意をしてください。
  • こまめに水分・塩分を補給する
  • 熱いときには無理をしない
  • 日傘や帽子を活用する
  • 涼しい服装をする
  • こまめに休憩する
  • 日陰を利用する
  • 室内でもエアコン等を使用して、室温を良好に保つ

熱中症の症状

重症度 症状
軽症 めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗が止まらない
中等症 頭痛、吐き気、体がだるい(倦怠感)、虚脱感
重症 意識がない、けいれん、呼びかけに対する返事がおかしい、高い体温である、まっすぐに歩けない、走れない

熱中症になった時の処置

(1)意識がある、反応が正常な時(軽症、中等症)
  1. 涼しい場所へ避難させる
  2. 衣服を脱がせ身体を冷やす
  3. 水分や塩分を補給する
※水を自力で飲めない、症状が改善しない場合は直ちに救急車を要請(119番)しましょう

(2)意識がない、反応がおかしい時(重症)
  1. 救急車を要請する(119番)
  2. 涼しい場所へ避難させる
  3. 衣服を脱がせ身体を冷やす
  4. 医療機関に搬送する

夏のイベントにおける熱中症対策について

夏に開催される、人が多く集まるイベント等においては、熱中症が発生するリスクがあります。熱中症による被害をできる限り軽減し、イベントを安全に実施するための対策について、「夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン2019」で解説していますので、イベントを主催する方や、イベント会場を管理している方はご活用ください。

環境省 夏季のイベントにおける熱中症ガイドライン2019(外部サイト)

このページに関するお問い合わせ

健康支援課健康医療スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9861  FAX:0558-72-1196