現在地
  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育て支援
  4. ~親子の絆づくりプログラム「赤ちゃんがきた!」~

~親子の絆づくりプログラム「赤ちゃんがきた!」~

ベビープログラム

伊豆市では、0歳の子どもを初めて育てているお母さんを対象に「仲間づくり」「育児不安の軽減」「子育て知識の学習」の機会を提供し、親子の絆を深め、子どもが思春期をのりこえ社会の中で自立して生きるための力となる“心の安定根”を育むため、また思春期から花ひらく子育てへつなげるため、ベビープログラムを実施しています。

◆ベビープログラム(BP)とは?


0歳の子どもを初めて育てているお母さんのための仲間・絆・学びのプログラムです。

◆BPは、どのようにおこなわれますか?


トレーニングを受けたBPファシリテーターにより、安全で安心できる雰囲気の中で、自分の育児の喜びや困りごと、親としての迷いなどを話し合いながら、これからの子育てに必要な知識を楽しくおしゃべりしながら学びます。

◆BPの内容は?


 1日目:「子育てをしていて、聞いてみたいこと、困っていること、心配なこと」
 2日目:「私が普段、どんな1日を過ごしているか振り返ってみる」
 3日目:「赤ちゃんはどんなときに喜ぶのかな?泣くのかな?」
 4日目:「心の健康ってなあに?」

◆BPに参加すると...



①子育て仲間ができます。
②赤ちゃんとのかかわり方を学ぶなかで、赤ちゃんがますますかわいく思えるようになり、親子の絆が深まります。
③他の親も同じように悩んでいることがわかって、安心したり、話し相手ができることにより育児不安が解消され、ストレスが軽減します。
④孤立から開放されることで、子ども虐待の予防になります。
⑤子どもの心身の発達を学ぶことで、焦らず、完璧を求めない「思春期から花ひらく子育て」を目指すことができます。

ベビープログラム(第1クール)を開催しました

 平成30年6月13日・19日・27日・7月4日にベビープログラム(第1クール)を実施しました。8組のお母さんとそのお子さんが参加してくれました。初めて子どもを育てているお母さんどうし、子育ての悩みや喜びを共有し、子育て中の過ごし方など楽しくおしゃべりをしながら子育てに必要な知識を学びました。
今後は、11月と平成30年3月にも実施を予定しています。
BP1
BP2

◆参加者の意見


・他のお母さんたちとお話しできたことが心の余裕につながり、以前よりゆったりした気持ちで子どもに接することができた。
・子どもが生活の中心にいるということが私や夫の今の生きがいで、とても嬉しく感じています。地域のママさんやお子さんと接して安心することが多かったです。色々な育児の話ができて良かったです。
・子育ての悩みを同じ立場のお母さんたちと話せて、少し肩の力を抜いて子どもと接することができるようになりました。
・大変なときもあるけれど、無理をせずに子育てを楽しんでいこうと思った。
・さらにわが子のことが愛しく思えるようになった。
・他の方も同じようなことで悩んでいることがわかり、自分だけではないと少し安心しました。ベビープログラムで学んだことを旦那にも伝えると、以前より少し協力的になった気がします。
・どの家庭でも同じように悩んでいることがわかって、より優しく接することができたし、多少泣かせてもいいことがわかった。TVなど悪影響なものもわかってよかった。
・赤ちゃんが泣いていても、焦らずにどうやったら泣き止んでくれるのかな?と色々な方法を試して、模索することが楽しくなった。心配なことがこの場で解決できたので、安心して過ごせるようになった。  

このページに関するお問い合わせ

こども課母子保健スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9850  FAX:0558-72-1196