現在地
  1. トップページ
  2. オリンピック・パラリンピック
  3. お知らせ・イベント情報
  4. 【自転車競技(トラック・レース)大会】ジャパントラックカップⅠ・Ⅱが開催されました

【自転車競技(トラック・レース)大会】ジャパントラックカップⅠ・Ⅱが開催されました

 東京2020大会自転車競技(トラック・レース)会場である伊豆ベロドロームで、平成30年7月6日(金)~8日(日)にかけて、第5回寬仁親王記念ワールドグランプリ 国際自転車競技大会 2018 ジャパントラックカップ Ⅰ・Ⅱが行なわれました。

 リオ2016大会メダリストの世界各国の選手や、リオ2016大会やワールドカップに出場している日本代表選手など18か国から約150人が参加し、世界トップレベルの戦いを繰り広げました。
 また、オリンピックの自転車競技(トラック・レース)の6種目のうち、スプリント、ケイリン、オムニアム、マディソンという4種類が行なわれました。

 自転車競技(トラック・レース)については、こちらをご覧ください。  

会場の様子

会場の様子

白熱したレース

白熱したレース


日本人選手が活躍しました

男子ケイリン 1位
 脇本雄太(わきもとゆうた)選手

男子マディソン(25km) 2位
 橋本英也(はしもとえいや)選手・窪木一茂(くぼきかずしげ)選手

男子マディソン(40km) 2位
 橋本英也(はしもとえいや)選手・窪木一茂(くぼきかずしげ)選手

男子スプリント 3位
 深谷知広(ふかやともひろ)選手

男子オムニアム 3位
 今村駿介(いまむらしゅんすけ)選手

イベントも行ないました

 伊豆市では、皆さんの笑顔を2020年に繋ぐ『デイ・カウンター』リレーや、七夕にちなんだ東京2020大会自転車競技(トラック・レース/マウンテンバイク)開催への想いを短冊に書いてもらうイベントを行ないました。

短冊に願い書く親子

短冊に願いを書く親子

飾られた短冊

飾られた短冊


 また、会場内には、自転車を漕いでかき氷をつくるコーナーや、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)自転車競技開催のPRコーナーなどもありました。
かき氷づくりコーナー

自転車を漕いでかき氷をつくるコーナー

インターハイ横断幕

全国高等学校総合体育大会(インターハイ)自転車競技開催PR横断幕


 7月7日(土)には、仮面ライダービルドキャラクターショーや食品サンプルかき氷づくり、オリジナル石鹸づくりなどが行なわれ、多くの子どもたちが訪れて会場がさらに賑わいました。
   

伊豆ベロドローム大会情報

伊豆ベロドローム

伊豆ベロドローム

 伊豆ベロドロームでは、年間を通じて様々な大会が行なわれています。
 多くの大会が入場無料で、入退場自由です。
 大会情報は、こちらで紹介しています。
 ぜひ一度、東京2020大会自転車競技(トラック・レース)会場である、伊豆ベロドロームで行なわれる大会をご覧ください。
 

このページに関するお問い合わせ

東京オリンピック・パラリンピック推進課オリンピック・パラリンピック推進スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-74-2020  FAX:0558-72-9909