現在地
  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育て支援
  4. こども医療費助成の対象年齢を拡大します

こども医療費助成の対象年齢を拡大します

平成30年10月診療分から、こども医療費助成事業の対象年齢を「高校生3年生相当年齢(18歳到達後最初の3月31日)まで」に拡大します。

新たに対象となる方

平成12年4月2日~平成15年4月1日生まれ
・上記の方で、子どもの住所が伊豆市にあり、健康保険に加入している方
※学業のために子どもが市外に転出し、子どもの住所地でこども医療費助成を受けられない場合に限り、対象となります。
※生活保護受給世帯の方や児童福祉施設等に入所しており医療費の負担がない方は対象になりません。

申請手続きについて

助成を受けるためには、申請が必要です。
新たに対象となる方には、平成30年7月中旬に「交付申請書」を郵送します。
申請書に必要事項を記載し、子どもの保険証の写しと合わせてご提出をお願いします。

※対象であるにも関わらず申請書が届いていない方は、こども課までお問い合わせください。
※記入漏れやこどもの保険証の写しの提出がない場合は受付できませんのでご注意ください。

【提出期限】平成30年7月25日(水)まで
【提出場所】こども課(生きいきプラザ)または各支所窓口

~特設窓口を開設します~
7月17日(火)~25日(水)の9時~17時は生きいきプラザ1階で受付をします。
また、7月21日(土)は9時~12時まで受付をします。
ぜひご利用ください。

※期限内に提出いただけた場合には、平成30年9月下旬に申請者宛て受給者証を郵送します。
 提出が遅れた場合は、受給者証の交付が遅れることがあります。

利用方法等について

こちらのページからご確認ください。
こども医療費助成

Q&A

Q.期間内に申請できそうもありません。どうしたらいいですか?
A.提出期限後、なるべく早めにご提出ください。遅くなると10月1日までに受給者証を発行できない場合があります。

Q.子どもがすでに独立(就職や結婚など)しているのですが、対象になりますか?
A.伊豆市に住民登録のある16歳から18歳の方は、保護者に扶養されているかどうかに関わらず、対象となります。(申請時に聞き取りをさせていただきます)

Q.子どもが高校の寮に入っていて、市外に住所があります。その場合は対象になりませんか?
A.子どもの住所地の役所で医療費助成制度についてお問い合わせの上、手続きしてください。同様の制度がない場合は、伊豆市こども課へご連絡ください。
この他、ご不明な点は、こども課までお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

こども課こども家庭スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9864  FAX:0558-72-1196