現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 感染症予防
  4. 65歳からの肺炎予防

65歳からの肺炎予防

高齢者用肺炎球菌予防接種

日頃、元気で健康的な毎日を送っている方でも、高齢になると、体調の変化などのちょっとしたことがきっかけで肺炎を起こしやすくなり、急激に症状が進むことがあります。
現在、肺炎は死因順位の第3位と言われ、特に高齢者において高い死亡率となっています。この予防接種を受けることで重症化を防ぐことができます。

対象者

今までに一度でも23価肺炎球菌ワクチンを接種したことが無く、今年度下記の年齢になる人
65歳 昭和28年4月2日生 ~ 昭和29年4月1日生まれ
70歳 昭和23年4月2日生 ~ 昭和24年4月1日生まれ
75歳 昭和18年4月2日生 ~ 昭和19年4月1日生まれ
80歳 昭和13年4月2日生 ~ 昭和14年4月1日生まれ
85歳 昭和 8年4月2日生 ~ 昭和 9年4月1日生まれ
90歳 昭和 3年4月2日生 ~ 昭和 4年4月1日生まれ
95歳 大正12年4月2日生 ~ 大正13年4月1日生まれ
100歳 大正 7年4月2日生 ~ 大正 8年4月1日生まれ
※来年度以降は対象となりません。本年度のうちに早めにお受けください。
 対象となる方には、4月初めにご案内をお送りしています。

接種期間

平成30年4月1日(日) ~  平成31年3月31日(日)

接種場所

下記の委託医療機関をご覧ください。(事前に予約が必要です。)
 高齢者用肺炎球菌予防接種委託医療機関

持ち物

  • 紫色の予診票(案内に同封されています。)
  • 自己負担金 4,260円
※生活保護受給者の方は自己負担金が免除されます。事前に申請が必要ですので、健康支援課(生きいきプラザ2階)もしくは支所までお越しください。

過去に肺炎球菌ワクチンを接種したことがある人

肺炎球菌のワクチンには「23価肺炎球菌ワクチン(商品名:ニューモバックスNP)」と「13価肺炎球菌ワクチン(商品名:プレベナー13)」があります。助成の有無にかかわらず、過去に「23価肺炎球菌ワクチン」を接種された人は助成の対象外となりますが、「13価肺炎球菌ワクチン」を接種された人は助成の対象となります。接種されたワクチンがわからない場合は、接種を受けた医療機関へお問い合わせください。

(参考)
厚生労働省ホームページ(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ

健康支援課健康医療スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9861  FAX:0558-72-1196