現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 感染症予防
  4. 高齢者インフルエンザ予防接種

高齢者インフルエンザ予防接種

インフルエンザは、普通の風邪のようなのどの痛み、鼻水、咳などの症状もありますが、それに加えて38℃以上の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身症状が特徴です。
ただし、高齢者の場合、症状が出にくいため発症に気付かず、肺炎などの合併症を起こすことが多くなります。
予防には、日頃の健康管理(うがい、手洗い、十分な栄養と休養など)と、予防接種が有効です。



インフルエンザは例年12月から3月頃に流行し、1月から2月下旬にピークを迎えますので、12月中旬までに接種をすることをお勧めします。

対象

接種日において伊豆市内に住民登録があり、
  1. 接種時点で65歳以上の人
  2. 接種時点で60歳以上65歳未満で心臓、腎臓若しくは呼吸器の機能に日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する人、およびヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な障害を有する人

接種期間

平成30年10月 1日(月) から 平成31年 2月28日(木)まで

接種回数

公費負担によるものは、原則として1シーズンに1回の接種です。
2回目以降の接種は、接種料金が全額自己負担となります。

接種会場

伊豆市・伊豆の国市・函南町の指定医療機関で接種することができます。
 高齢者インフルエンザ予防接種実施医療機関リスト

※委託医療機関以外で接種を希望される場合は、事前に健康支援課までお問い合わせください。

持ち物

健康保険証、自己負担金(1,200円)
※生活保護を受けている方は、自己負担金が免除されます。証明書を発行しますので、事前に健康支援課または各支所で申請をしてください。

接種方法

  • 事前に医療機関へ電話でワクチンがあるか確認してからお出かけください。
  • 医療機関に『予診票』が置いてありますので、必要事項をご記入ください。
  • ※順天堂大学静岡病院には予診票が置いてありません。接種を希望される方は健康支援課または各支所にお問い合わせください。

関連リンク

厚生労働省HP(インフルエンザ)(外部サイトへリンク)
国立感染症研究所(外部サイトへリンク)

このページに関するお問い合わせ

健康支援課健康医療スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9861  FAX:0558-72-1196