現在地
  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育て支援
  4. ~親子の絆づくりプログラム「赤ちゃんがきた!」~

~親子の絆づくりプログラム「赤ちゃんがきた!」~

ベビープログラム

伊豆市では、0歳の子どもを初めて育てているお母さんを対象に「仲間づくり」「育児不安の軽減」「子育て知識の学習」の機会を提供し、親子の絆を深め、子どもが思春期をのりこえ社会の中で自立して生きるための力となる“心の安定根”を育むため、また思春期から花ひらく子育てへつなげるため、ベビープログラムを実施しています。

◆ベビープログラム(BP)とは?


0歳の子どもを初めて育てているお母さんのための仲間・絆・学びのプログラムです。

◆BPは、どのようにおこなわれますか?


トレーニングを受けたBPファシリテーターにより、安全で安心できる雰囲気の中で、自分の育児の喜びや困りごと、親としての迷いなどを話し合いながら、これからの子育てに必要な知識を楽しくおしゃべりしながら学びます。

◆BPの内容は?


 7月5日:「子育てをしていて、聞いてみたいこと、困っていること、心配なこと」
 7月12日:「私が普段、どんな1日を過ごしているか振り返ってみる」
 7月19日:「赤ちゃんはどんなときに喜ぶのかな?泣くのかな?」
 7月26日:「心の健康ってなあに?」

◆BPに参加すると...



①子育て仲間ができます。
②赤ちゃんとのかかわり方を学ぶなかで、赤ちゃんがますますかわいく思えるようになり、親子の絆が深まります。
③他の親も同じように悩んでいることがわかって、安心したり、話し相手ができることにより育児不安が解消され、ストレスが軽減します。
④孤立から開放されることで、子ども虐待の予防になります。
⑤子どもの心身の発達を学ぶことで、焦らず、完璧を求めない「思春期から花ひらく子育て」を目指すことができます。

ベビープログラム(第1クール)を開催しました

 平成29年7月5日・12日・19日・26日にベビープログラム(第1クール)を実施しました。8組のお母さんとそのお子さんが参加してくれました。初めて子どもを育てているお母さんどうし、子育ての悩みや喜びを共有し、子育て中の過ごし方など楽しくおしゃべりをしながら子育てに必要な知識を学びました。
今後は、11月と平成30年3月にも実施を予定しています。
BP3
BP4

◆参加者の意見


・子育てに余裕を持てるようになった。
・気分転換や情報交換することで、子どもと過ごす日々にバリエーションが増え、毎日が楽しくなりました。
・今まで不安だったことが解消された。
・子育てに少し余裕ができた。
・赤ちゃんを育てる上で、少し余裕ができた。
・我が子の愛おしさが更に増しました。もう1カ月プラスしてやりたいです。楽しいプログラムでした。  

ベビープログログラム(第2クール)を開催しました

平成29年11月8日・15日・22日・29日にベビープログラム(第2クール)を実施しました。11組のお母さんとそのお子さんが参加してくれました。初めて子どもを育てているお母さんどうし、子育ての悩みや喜びなどを共有し、これからの子育てに必要な知識などを楽しくおしゃべりしながら学びました。
次回は、平成30年3月に実施を予定しています。
BP1
BP2

◆参加者の意見


・これでいいのかな?と子育て、育児に不安があったけど、参加して話や同じ悩みを共有して、心のゆとりができた。愛おしさがさらに増した。
・自分の子よりも少し大きい子の成長を見ていると、自分の子も大きくなるんだとわかってよかったです。
・みんな同じような悩みがあったので少し安心した。楽しかったです。
・育児の悩みは皆が同じく持っていて、私一人だけではないんだと前向きになれたことで、子どもがより愛おしくなりました。
・みんな同じように悩んでいることがあって、自分だけじゃないと安心した。子どもとも前向きに関わっていきたいと思った。ありがとうございました。
・がんばりすぎない!!70点を目指します。大きい赤ちゃんを抱っこして、うちもこんな大きくなるのかな。と楽しみ。
・他のママたちも同じようなことを悩んだり考えていることを知り、安心した部分がある。1か月に4回ではなく2週間に1回程度で定期的に開催してもらえたらうれしい。ぜひBP後期などもつくってほしい。
・何よりも同じ状況のお母さんたちと話ができる機会になって、ありがたかった。

このページに関するお問い合わせ

こども課母子保健スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-72-9850  FAX:0558-72-1196