現在地
  1. トップページ
  2. オリンピック・パラリンピック
  3. 自転車競技
  4. 自転車競技(トラック・レース)マディソンについて

自転車競技(トラック・レース)マディソンについて

マディソン

マディソン

More Cadence

 2人でチームを組んで、ポイントを獲得する種目です。

 マディソン・スクエア・ガーデン(アメリカ・ニューヨーク市)で人気種目であったことが、名前の由来です。

 ヨーロッパでは、最も盛り上がると言っても過言ではない人気種目です。

 ポイント・レースの迫力に加え、マディソン・チェンジ・オーバーと呼ばれるチームプレーの巧みな技が楽しめます。

 走路を上段と下段に分割し、下段はレース展開エリア、上段は休憩エリアとして、スピードを落とさないように交代しながらポイントやラップを重ねていきます。

 同じチームの選手は、手か体に触れることでいつでも交代ができます。

 交代するときのパートナーへの合図タッチの方法も楽しめるポイントのひとつです。

 ポイントの獲得方法は、2通りあります。

 1つは、定められたスプリント周回(10周に1回)で4着以内に入ることです。
 ※1着に5ポイント、2着に3ポイント、3着に2ポイント、4着に1ポイントが与えられます。
 ※最終スプリント周回(レースのゴール)では、ポイントが2倍になります。

 もう1つは、メインとなる集団から抜け出し、1周回って再び集団に追いつく『ラップ』といわれる方法です。
 体力は使いますが、成功すれば一気に20ポイントを獲得することができます(逆に1周遅れるとマイナス20ポイントになります)。

 獲得ポイントの合計を競うマディソンは、平均時速50kmを超えるスピードと手に汗握るスリリングな展開で、トラック競技の醍醐味そのもので、盛り上がること間違いなしの種目です。

 ※平成29年6月9日、スイス・ローザンヌにて開かれた国際オリンピック委員会(IOC)理事会にて、東京2020大会自転車競技(トラック・レース)の追加競技種目に決定しました。

マディソン

このページに関するお問い合わせ

観光商工課自転車まちづくりスタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-74-2020  FAX:0558-72-9909