現在地
  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. コンパクトタウン&ネットワーク
  4. 「文教ガーデンシティ構想」とは

「文教ガーデンシティ構想」とは

 文教ガーデンシティ構想は、学校再編による新たな中学校の建設を中心に、理想的な子育ての場としてのこども園、公園などを併せて整備する構想です。

 文教ガーデンシティは、新中学校を中心とした複合的な機能で構成されますが、最終的にはそれらが一体となった、都市の利便性と自然の豊かさが共存する魅力あるまちづくりを目指しています。

文教ガーデンシティ構想における3つの基本コンセプト

〇 教育・子育て(魅力ある新中学校・こども園・公園の整備)
 3つの中学校の再編というインパクトを伊豆市の活力に変えるため、教育環境の整った魅力ある中学校を整備するとともに、こども園を中心とした保育サービスの充実や子供たちが安心して遊べる公園を整備し、教育・文化の香りが漂うまちづくりを目指します。

〇 暮らし(ゆとりと潤いのある暮らしブランドの創生による定住促進)
 自然に配慮した緑豊かでゆとりのある住宅地を教育環境等とともに一体的に整備することにより、伊豆市ブランドを創設し、市内外の子育て世帯の定住促進を目指します。

 ※住宅地については、病院用地と並行して検討しています。 (下記に記載)

〇 安全(防災拠点機能としての活用)
 有事の際の防災拠点としても位置づけます。県の進める「内陸のフロンティアを拓く取組み」の 推進区域認定を受け、平時の自然と調和した潤いのある空間と、有事の際の防災拠点機能の両面の機能を有するエリアとしていきます。

今後について


 これまで説明会やワークショップ等で市民の皆様からいただいたご意見を生かしながら、有識者を交えた検討会議などを行い、まず平成28年度末を目標に基本計画を策定予定です。その後も継続的に検討を重ね、更に計画を詳細にまとめていきます。

(※)住宅地については、病院用地と並行して検討しています

 病院用地については、地域医療の中核を担う中伊豆温泉病院が、施設老朽化による建て替えの検討を以前より進めており、耐震上の課題も出てきたことから、平成28年の3月に、「駅に近く、市有地または市が提供できる可能性のある候補地を探して欲しい」と市に要望がありました。これまでも市として提供できる場所を探してきましたが、どれも適地とはならず、見つからなければ市外での建替えも想定される中で、最後に見込みのある土地という事で、この文教GCの住宅地エリアを中伊豆温泉病院に提案したところ、平成28年9月6日に厚生連理事長と候補地として検討していくという合意にいたりました。

 現在も、諸条件等を含めて検討を進めているという段階であり、住宅地と病院を並行して検討しています。今後、進展がありましたら広報等でお知らせします。

このページに関するお問い合わせ

総合戦略課総合戦略スタッフ
伊豆市小立野38-2  電話:0558-72-9873  FAX:0558-74-3067