現在地
  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 交流・協働
  4. 伊豆市交流協会 活動の様子(H22年度)H22.7~H22.10

伊豆市交流協会 活動の様子(H22年度)H22.7~H22.10

日本文化にふれよう会(10/31)

1031日(日)、在住外国人と坐禅と茶道を体験する「日本文化にふれよう会」を修禅寺(伊豆市修善寺)で開催しました。この事業は、会員と在住外国人が日本の伝統文化を一緒に体験し、日本文化や歴史について学び、互いの理解を深めるもので、当日は、韓国、中国、シンガポール、アメリカ籍の外国人4人と日本人19人が参加しました。

  坐禅体験では修禅寺住職の吉野真常師から坐禅の説明を聞いた後、30分の坐禅に挑戦しました。

次に、茶道の体験をしました。まず表千家教授井上宗雅さんの実演を見学した後、和菓子とお茶を頂きました。

その後グループに分かれ、実際に自分でお茶を点てました。和やかな雰囲気の中で楽しく日本の文化にふれることができました。

英会話教室でハロウィンパーティー(10/27)

素敵なジャック・ランタンができました

素敵なジャック・ランタンができました

9月から英会話教室がはじまりました。入門編に17名、初級編は16名の方が参加し、英会話を2月までの毎週水曜日、勉強しています。

講師は、伊豆市でALTの講師として英語を教えていらっしゃるライアン先生です。ライアン先生の気さくな人柄に受講生のみなさんは、楽しみながら英会話を学習していました。

10月27日は、ハロウィンパーティーを開催しました。みなさん個性的なジャック・ランタンとパンプキンパイを作り、とても楽しいパーティーになりました。

岩村秋祭り(10/2)

伊豆市から参加した右大臣、左大臣

伊豆市から参加した右大臣、左大臣

 10月2日(土)、ゆかりの里である恵那市岩村で行われた秋祭りの神輿渡御行列に参列しました。

 この祭りの神輿渡御行列は、時代衣装を身にまとった約300人が長さ300メートルに及ぶ列を整え、岩村町本通り(重要伝統的建造物群保存地区)の約1.7キロメートルを練り歩きます。行列の役割・内容などは嘉永5年(1852年)の「武並宮御祭礼規定」にある次第と基本的に変化しておらず、とても歴史のある祭りです。

その中の右大臣、左大臣役として毎年伊豆市から参加させていただいています。

中国語教室を開催(10/5,12,19)

楽しく中国語を学びました

楽しく中国語を学びました

10月5日、12日、19日の3日間、協会では初めて中国語教室を開催しました。                                                         講師は、市内にお住まいで、台湾出身の小林仁美さんです。受講者17人のみなさんは、あいさつや自己紹介の仕方を、楽しみながら勉強しました。            また、中国のおもしろい単語を紹介していただきました。例として中国では「便利商店」と書いて、日本の「コンビニ」の意味になるそうです。そのほか、中国茶を飲み、中国の結婚式や文化の話を聞きました。                      

通訳派遣~NYの交響楽団の個別指導~(7/30)

楽団メンバーの奏法指導を生徒に通訳

楽団メンバーの奏法指導を生徒に通訳

 世界的に活動する交響楽団「ニューヨーク・シンフォニック・アンサンブル」のメンバーが、中高生に演奏技術を指導するワークショップが7月30日、修善寺生きいきプラザで行われ、伊豆市交流協会では9名の通訳を派遣しました。
 同楽団指揮者の高原守さんと管楽器メンバーが、修善寺中学校と伊豆総合高校の吹奏楽部員に、トランペットやクラリネット、木琴などの楽器ごとに通訳を介して、息や手の使い方などの指導をしました。
 高原さんの「もっと楽しんで」「気持ちを込めて」など熱のこもった指導に、生徒たちはいきいきとした表情で楽器を奏でました。

このページに関するお問い合わせ

総合戦略課地域づくりスタッフ
伊豆市小立野38-2  電話:0558-74-3066  FAX:0558-72-6588