現在地
  1. トップページ
  2. オリンピック・パラリンピック
  3. 自転車競技
  4. 自転車競技(トラック・レース)オムニアムについて

自転車競技(トラック・レース)オムニアムについて

オムニアム

オムニアム

オムニアム

 陸上の十種競技のように複数の種目で構成される競技で、1日間で4種目を行ないます。
 各種目の順位によって与えられるポイント(1位40点、2位38点、3位36点)の合計が1番高い選手が勝利となります。
 ただし、最終種目のポイント・レースでは、レースの得点がそのまま加算されます。
 一人の選手が短距離から持久系種目までこなすオムニアムは、全てに優れた能力が求められます。
 オリンピック競技大会では、2012年ロンドン大会から正式種目となりました。

 種目順も下記のとおり決まっていて、1つでも参加できないと以後の種目に参加することができません。

①スクラッチ(男子エリート10km、女子エリート7.5km)

②エリミネイション(男子エリート25km、女子エリート20km)

③ポイント・レース(男子エリート25km、女子エリート20km)

④テンポ・レース(男子エリート10km、女子エリート7.5km)



スクラッチ

スクラッチ

①スクラッチ

 定められた距離(男子15km、女子10km)を走り、ゴールの順位を競います。
 中距離の種目で、トラック競技場で行うロードレースともいえます。
 スクラッチ単独としては、2002年からワールドカップ、2003年から世界選手権種目に採用されています。

 時速50kmを超えるスピードでアタックが繰り返されるため、スピード感と迫力あるレース展開がみどころです。

エリミネイション

エリミネイション

②エリミネイション

 はじめに集団でフライングスタート(レースには関係ない助走からのスタート)で走り、1周後のスターターの号砲によって正式スタートとなります。
 最大スタート人数は、24名です。
 2周ごとに最後尾(後輪後端で判定)で通過した選手が1名ずつ除外(エリミネイト)されます。
 なお、同時の場合は、次の2周に持ち越されます。
 残り3名となった周で最後尾(3番目)の選手が除外され、2名の選手が残ると、最後の1周で早くフィニッシュラインを通過(ゴール)した選手が1位、遅く通過した選手が2位となり、競技が終了します。
 3位以下は除外された順番で順位が決まります。
 集団の中での選手の位置取りや、ハンドルさばきにより勝敗が左右されるため、レース展開から目が離せない競技です。



ポイント・レース

ポイント・レース

 ③ポイント・レース

 男子25km、女子20kmにて競うレースです。
 10週ごと(約2km)にポイント(得点)周があり、その周の順位によってポイントを得られます(1位通過:5点、2位通過:3点、3位通過:2点、4位通過:1点)。
 また、周回アップ(1周回って主集団に追いつくこと)をした選手には20点が与えられます。
 最終順位は、ポイント周において獲得した点数と、周回アップにより獲得した点数の合計で決まります。
 なお、合計得点が同じ場合は、ゴール時の着順で優劣をつけます。
 長丁場のレースにおいて、どのようにポイントが重ねられていくかが見ものです。

④テンポ・レース

 男子10km、女子7.5kmにて競うレースです。
 5周目以降、毎周1位の順位の選手に1点が与えられます。
 また、周回アップ(1周回って主集団に追いつくこと)をした選手には20点が与えられます。
 最終順位は、ポイント合計で決まります。


このページに関するお問い合わせ

東京オリンピック・パラリンピック推進課オリンピック・パラリンピック推進スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-74-2020  FAX:0558-72-9909