現在地
  1. トップページ
  2. オリンピック・パラリンピック
  3. お知らせ・イベント情報
  4. ~2020年に向けて~のぼり旗の活用を考え、試作品をつくりました②

~2020年に向けて~のぼり旗の活用を考え、試作品をつくりました②

試作品の紹介

クッション(表)

クッション(表)

【クッション】
 のぼり旗1枚で2つ作れます。
 市販のクッションにカバーとして使用しています。
 ※このクッションは、現在市長室にて使われています。

ポンチョ(正面)

ポンチョ(正面)

【ポンチョ】
 のぼり旗を2枚使用しています。
 前身頃をホックで留めています。

ポンチョ(背面)

ポンチョ(背面)

巾着袋

巾着袋

【巾着袋】
 のぼり旗4分の1を使用しています。
 子どものシューズ入れ袋くらいの大きさです。
 口元を絞った際、開いてしまわないように留め具を付けています。

あずま袋

あずま袋

【あずま袋】
 のぼり旗4分の3を使用しています。
 ※上記巾着袋で上部4分の1、このあずま袋で残り4分の3を使えるため、無駄がありません。
 衣類などの着替えを入れるのにちょうど良い、少し大きめのサイズです。

スマートフォンケース

スマートフォンケース

【スマートフォンケース】
 のぼり旗の端切れを使っています。
 市販のスマートフォンケースに貼り付け、トップコートで加工しています。

鯉のぼり

鯉のぼり

【鯉のぼり】
 のぼり旗を2枚使用しています。
 のぼり旗内のロゴマークを目に見せています。

ランチョンマット(表)

ランチョンマット(表)

【ランチョンマット】
 のぼり旗3分の1を使用しています。
 市販のシートに接着剤で貼り付けています。

ランチョンマット(裏)

ランチョンマット(裏)

タペストリー

タペストリー

【タペストリー】
 のぼり旗の端切れを使っています。
 ひもに接着剤で貼り付けています。

【風呂敷&和バック】
 のぼり旗下半分を切り、横に縫い付けると90cm四方の風呂敷になります。
 その風呂敷の4隅を2つのリングにそれぞれ結びつけると、和バックが完成します。

和バック製作過程

和バック製作過程

和バック

和バック

ネクタイ

ネクタイ

【ネクタイ】
 のぼり旗2分の1を使用しています。
 市販の型紙を用いて、大剣と小剣の2枚を作ります。
 2枚を縫い合わせていき、完成です。

このページに関するお問い合わせ

東京オリンピック・パラリンピック推進課オリンピック・パラリンピック推進スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-74-2020  FAX:0558-72-9909