現在地
  1. トップページ
  2. くらし手続き
  3. 上水道
  4. 冬の水道凍結注意のお知らせ

冬の水道凍結注意のお知らせ

真冬の季節、気温が氷点下に下がると水道管が凍結、破損する事故が多く発生します。
水道の凍結破損によって漏水すると、修理代や料金といったお客さまの負担の増加に加え、
漏れた水が夜間に再凍結することによる二次的な事故を誘発するおそれがあります。

凍結による漏水をできるかぎり未然に防ぐため、いくつかの注意点やご自宅でできる対応をお伝えします

特に凍結の注意が必要な時

・最低気温がマイナス4℃以下になった時
・旅行や出張で家を留守にするなど、長期間水道を使用しない時
・昼間になっても気温がマイナスのままの「真冬日」が続いた時


※凍結しやすい場所
・水道管が外に露出しているところ
・家(建物)の北側
・風当りの強い場所
・給湯器の接続部分

凍結の予防対策(一例)

・水道管が露出している部分
 発泡スチロールやポリエチレンの筒などを保温材として取り付ける。
 ビニールテープを隙間なく巻いて保温材を覆い、水に濡れないようにする。

・メーターボックス
 メーターボックスの中に新聞紙や布などを丸めたものをビニール袋につめたものを入れる。

こんなときは

・もしも水道管が凍結してしまったら(凍って水が出なくなったら)

 凍結した水道管にタオルを被せて、その上からゆっくりぬるま湯をかけて氷を溶かしてください。
 熱湯は水道管が破裂するおそれがあるので、絶対にかけないでください。



・もしも宅地内の水道管が破損して漏水してしまったら

 水道メーターボックスの中にある元栓を閉めて水を止め、「伊豆市指定給水装置工事事業(市内)」へ依頼してください。


依頼する工事店がわからない場合は「伊豆市営水道相談センター」に問合をお願いします。





・もしも道路で漏水を見つけたら


 漏水で流れた水がそのまま道路上で凍結すると大変危険です。
 「伊豆市営水道相談センター(0558-79-3388)」まで連絡をお願いします。

安心安全な水道利用のため、皆様のご協力をよろしくお願いします。

このページに関するお問い合わせ

上下水道課業務スタッフ
伊豆市八幡500-1  電話:0558-83-3950  FAX:0558-75-7177