現在地
  1. トップページ
  2. 仕事・産業
  3. 起業・創業支援
  4. 伊豆市創業者支援事業費補助金

伊豆市創業者支援事業費補助金

この補助金は、創業者の集積を図り、地域の産業、経済の活性化及び空店舗の解消に寄与するため、市内で営利を目的として創業する方に対して、事業所の家賃経費及び市内施工業者が施工した事業所の設置工事経費の一部を補助するものです。

●補助金を受けることができる方

下記のすべての条件(主な条件)を満たす必要があります。


・ 創業の日から1年以内の申請を行うこと。

・ 納期限の到来した市税に未納がないこと。(過去3年度)

・ 創業者(法人の場合は役員等含む。)自らの住居を兼ねる事業所、又は3親等以内の親族が所有する事業所でないこと。

・ 創業者(法人の場合は役員等含む。)が暴力団員等でないこと。

・ 風俗営業等の公の秩序もしくは善良の風俗を乱す恐れがないこと。

・ フランチャイズチェーン等の画一的な営業を行う事業でないこと。

・ 個人の創業の場合、伊豆市に住所があり、居住していること。

・ 家賃経費の場合、事業者の所有者が3親等以内の親族でないこと。

・ 設置工事経費の場合、市内施工業者は納期限の到来した市税を完納していること。

・ この補助金の交付を受けていないこと。

●補助の内容

(1)補助金の額

 ①家賃経費


  月ごとの事業所の家賃(共益費及び消費税等を除く。)の2分の1の額で、
  限度額は1箇月5万円(12ヶ月分)

 ②設置工事経費
  
  設置工事経費の2分の1の額で、限度額は50万円

●申請方法

申請書に必要事項を記入し、下記の必要書類を添付の上、観光商工課DMO推進室へご提出ください。

<必要書類>


・共通
1 事業計画書
2 収支予算書
3 市税の納税証明書又は非課税証明書(過去3年度分)
4 開業等の届出書の写し又はそれに類するもの、及び住民票(個人の場合)
5 法人の登記事項証明書及び定款(法人の場合)
6 新規分野の事業を開始したことがわかるもの(事業承継、事業の拡大の場合)
7 暴力団員等ではないこと及び暴力団員等と密接な関係がないことを制約する書類


・家賃補助を申請する場合
1 家賃経費内訳書
2 賃貸借契約書の写し
3 賃借料の支払いを証明する書類

・設置工事経費を申請する場合
1 設置工事経費内訳書
2 工事を行う店舗の案内図
3 工事施工予定箇所がわかる見取り図
4 施工前の状況がわかる写真
5 見積書又は工事請負契約書の写し
6 建築確認済証の写し(建築確認申請が必要な工事の場合に限る)
7 市内施工業者の市税の納税証明書又は非課税証明書

このページに関するお問い合わせ

観光商工課観光商工スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-72-9911  FAX:0558-72-9909