現在地
  1. トップページ
  2. オリンピック・パラリンピック
  3. リオ2016大会情報
  4. リオ2016大会自転車競技(トラック・レース)代表選手へ『メッセージ入り日の丸』を贈呈しました

リオ2016大会自転車競技(トラック・レース)代表選手へ『メッセージ入り日の丸』を贈呈しました

 平成28年7月20日(水)に、東京2020大会自転車競技(トラック・レース)会場である伊豆ベロドロームで、リオデジャネイロ2016オリンピック競技大会での健闘を祈る『メッセージ入り日の丸』を自転車競技(トラック・レース)代表選手へ贈呈しました。

代表選手5名(左から渡邉、中川、脇本、窪木、塚越選手)

代表選手5名(左から渡邉、中川、脇本、窪木、塚越選手)

 伊豆市西井伸美(にしい のぶよし)教育長から、日本代表選手5名へ『メッセージ入り日の丸』を手渡しました。
 この『メッセージ入り日の丸』は、平成28年7月8日(金)~10日(木)に開催された自転車競技(トラック・レース)大会の来場者をはじめ、日本自転車競技連盟橋本聖子(はしもと せいこ)会長や、静岡県川勝平太(かわかつ へいた)知事、伊豆市菊地豊(きくち ゆたか)市長などが、それぞれのメッセージに『勇気とパワー』を込めた日本の国旗です。
 西井教育長からは、「練習の成果を発揮し、夢と感動を日本中へ届けてください」と選手たちへ声がかけられました。
 激励を受けた渡邉一成(わたなべ かずなり)選手は、「良い成績を残して、その勢いを東京2020大会につなげられるよう頑張りたいです」と抱負を述べていました。
 そして、塚越さくら(つかごし さくら)選手から、静岡県と伊豆市に日本代表選手5名のサインが入った色紙と記念ボトルが贈られました。
 

塚越選手から記念品を受け取る西井教育長

塚越選手から記念品を受け取る西井教育長

記念品(サイン入り色紙とボトル)

記念品(サイン入り色紙とボトル)

自転車競技(トラック・レース)代表選手

【日本代表選手】
 男子スプリント :中川 誠一郎 (なかがわ せいいちろう) 選手
 男子ケイリン  :渡邉 一成   (わたなべ かずなり)    選手
            脇本 雄太   (わきもと ゆうた)      選手

 男子オムニアム:窪木 一茂   (くぼき かずしげ)     選手
 女子オムニアム:塚越 さくら   (つかごし さくら)      選手

 リオデジャネイロ2016大会については、こちらをご覧ください。

中川 誠一郎 選手

中川 誠一郎 選手

渡邉 一成 選手

渡邉 一成 選手

脇本 雄太 選手

脇本 雄太 選手

窪木 一茂 選手

窪木 一茂 選手

塚越 さくら 選手

塚越 さくら 選手



リオ2016大会自転車競技(トラック・レース)壮行セレモニーを行ないました

地元小学生から花束を受け取る代表選手

地元小学生から花束を受け取る代表選手

 平成28年7月9日(土)に、東京2020大会自転車競技(トラック・レース)会場である伊豆ベロドロームで、リオデジャネイロ2016オリンピック競技大会での活躍を祈念し、自転車競技(トラック・レース)代表5名の壮行セレモニーを行ないました。
 詳しくは、こちらをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

東京オリンピック・パラリンピック推進課オリンピック・パラリンピック推進スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-74-2020  FAX:0558-72-9909