現在地
  1. トップページ
  2. オリンピック・パラリンピック
  3. 自転車競技
  4. 日本での自転車競技の歴史について

日本での自転車競技の歴史について

1895年 横浜の外国人居留地内で日本バイシクル倶楽部主催のトラック・レースが開催され、日本
      人も参加しました。

1896年 横浜と国府津間でロード・レースが開催されましたが、日本人は参加しませんでした。

1898年 上野・不忍池で大日本双輪倶楽部主催による内外自転車競走運動会が開催されました。

1905年頃 新聞社主催によるロード・レースが各地で開催されるようになりました。

1910年 東京輪士会が競走規定を制定しました。

1915年 上海で開催された第2回極東選手権に神戸の藤原正章(ふじわら まさあき)が参加して
      15マイル競技で優勝しました。

1917年 東京芝浦で第3回極東選手権が開催されました。
      全国各地でプロだけではなくアマチュアのレースも開催され、大いに盛り上がりました。

1926年 ツール・ド・フランスに川室競(かわむら きそう)が日本人として初めて参加しました。

1934年 日本サイクル競技連盟(現在の日本自転車競技連盟)が創立されました。

1936年 日本サイクル競技連盟が国際自転車競技連盟に加盟し、世界選手権に初めて参加しまし
      た。

      出宮順一(でみや じゅんいち)がロード・レースで7位でした。

1952年 オリンピックヘルシンキ大会に日本人が初めて出場しました。

1964年 オリンピック東京大会が開催されました。

1984年 オリンピックロサンゼルス大会個人スプリントで坂本勉(さかもと つとむ)が日本人として
      初めて銅メダルを獲得しました。

1986年 中野浩一(なかの こういち)が世界選手権スプリント競技で10連覇を達成しました。

1990年 世界選手権が前橋と宇都宮で開催されました。

2004年 オリンピックアテネ大会チームスプリントで日本チームが銀メダルを獲得しました。

2020年 オリンピック・パラリンピック東京大会トラック・レースが伊豆ベロドロームで開催されます。

上野不忍池畔で開催された自転車レース

上野不忍池畔で開催された自転車レース

 上野不忍池畔では自転車レースの大会が度々開催されました(1898年)。
 コースには万国旗がはためき、大観衆に包まれた中でレースが繰り広げられました。

ヘルシンキ大会のスプリント競技スタートの様子

ヘルシンキ大会のスプリント競技スタートの様子

 オリンピックの自転車競技に日本から初めて参加したのが、ヘルシンキ大会です(1952年)。
 4人が参加しました。

オリンピック東京大会ロード・レース(1964年)

オリンピック東京大会ロード・レース(1964年)

 1964年オリンピック東京大会のロード・レースの様子です。
 大宮正志(おおみや まさし)が36位でした。

※上記の画像は、一般財団法人日本自転車普及協会自転車文化センターから、借用しているものですので、転載等ご遠慮ください。

(出典:一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター)

【お問い合わせ】
一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター
電話:03-4334-7953
FAX:03-4334-7958



このページに関するお問い合わせ

東京オリンピック・パラリンピック推進課オリンピック・パラリンピック推進スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-74-2020  FAX:0558-72-9909