自転車の歴史について

1817年 ドイツのドライスが自転車を考案しました。
      はじめは、ハンドルと2つの車輪をつけたフレームにまたがり、足で地面を蹴って進む形で
      した。


1861年 フランスで前輪にペダルをつけた自転車が考案されました。
      また、レースやサイクリングなどに初めて利用されました。

1870年 前輪が大きく後輪が小さい自転車が考案されました。
      レースでスピードを出すために前輪が大きくなりました。


      東京の竹内寅次郎(たけなか とらじろう)が東京府に自転車の製造販売許可申請書を提
      出しました。
      日本では、この文書の中で初めて自転車ということばが使われました。

1885年 前輪と後輪の大きさが同じで、チェーンを使って後輪を回転させて進む現在と同じ形の自
      転車が考案されました。

1890年 宮田製銃所(現在のミヤタサイクル)で自転車の生産が始まりました。

1886年 帝国大学(現在の東京大学)に日本で最初の自転車クラブ『自転車会』が発足しました。
     高価なものだったため、上流階級のサイクリングなどの趣味やレースとして用いられまし
      た。

1892年 逓信省が電報配達用として自転車を採用しました。

1909年 三越デパートが商品配達用として自転車を採用しました。

1917年 第一次世界大戦の影響で自転車の輸入が困難となり、国産自転車が増加しました。
     国内での保有台数が100万台を超えました。

1960年頃まで 自転車は荷物運搬用並びに公共交通手段として使われていましたが、20歳代以降
          の女性の利用は多くありませんでした。

1960年頃以降 自転車は、性別・年代に関係なく誰でも利用できる乗り物として、身近な移動手段
          の他、レジャー・スポーツとしても広く活躍するようになりました。

足で地面を蹴って進む自転車

足で地面を蹴って進む自転車

 1817年に考案された足で地面を蹴って進む自転車です。
 現在の一般的な自転車とほぼ同じスピード(時速13km)が出せました。

 三重県名張街道を行く中森ツーリングクラブの様子です(1988年)。

商品配達に利用されていた自転車

商品配達に利用されていた自転車

 三越デパートで商品配達に自転車を利用していた様子です(1909年)。

※上記の画像は、一般財団法人日本自転車普及協会自転車文化センターから、借用しているものですので、転載等ご遠慮ください。

(出典:一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター)

【お問い合わせ】
一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター
電話:03-4334-7953
FAX:03-4334-7958



このページに関するお問い合わせ

東京オリンピック・パラリンピック推進課オリンピック・パラリンピック推進スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-74-2020  FAX:0558-72-9909