現在地
  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 総合計画・総合戦略
  4. 第2次伊豆市総合計画 基本構想・前期基本計画

第2次伊豆市総合計画 基本構想・前期基本計画

 本市では、平成17年度に策定した第1次総合計画(計画期間:平成18~27年度)に基づいて、総合的かつ計画的なまちづくりを進めてきました。


 この第1次総合計画が平成27年度で計画期間終了となったことから、少子高齢化の急速な進行や人口減少社会の本格的な到来、経済のグローバル化の進展、長引く景気の低迷など、昨今の社会経済情勢の変化や時代の潮流を見据えた、将来における本市のあるべき姿と進むべき方向についての基本的な指針となる新たな総合計画「第2次伊豆市総合計画」を策定しました。

総合計画の役割

  • 総合的かつ計画的な市政の運営を図るために策定する市の最上位計画です。
  • 市民と将来像や基本目標を共有し、協働で進める「まちづくりの設計図」です。
  • 将来像や基本目標を実現するための行政の経営計画です。

計画の構成と期間

  • 総合計画は、「基本構想」と「基本計画」から構成されています。
  • 基本構想は、市のまちづくりの基本的な理念であり、将来像及び基本目標を示すものです。計画期間は、平成28年度から37年度までの10年間です。
  • 基本計画は、市のまちづくりの基本的な計画であり、基本構想における将来像及び基本目標を踏まえた施策の基本的方向及び体系を示すものです。平成28年度から32年度までの前半5年間が前期基本計画の計画期間となります。

伊豆市の将来像

めざすまちのテーマ

 本市が将来にわたって魅力ある地域として発展していくためには、市民主体の協働によるまちづくりを進めるとともに、まちの活力を最大限に引き出し、市民の皆さんがふるさとへの誇りや希望を持って、元気で幸せに暮らすことができる環境を整えることが重要です。
 私たちは、このことを基本とし、市民一人ひとりの本市に寄せる愛情と未来へかける熱い想いや行動力を結集し、他に類のない貴重な地域資源や伊豆縦貫自動車道の南進といったチャンスを生かしながら、伊豆半島の広域的な交流拠点として、「人」と「まち」がいきいきと光り輝く、住んでよかった、いつまでも住み続けたいと心から思えるような魅力と活力にあふれる「持続可能なまち」を創造するため、次の「めざすまちのテーマ」を掲げます。

自然・歴史・文化が薫る 誇りと活力に満ちた
「伊豆半島の新基軸(クロスロード)」・伊豆市

~いつまでも住み続けたい 次世代に笑顔をつなぐ礎づくり~

めざすまちのイメージ

 まちづくりの基本方向を明らかにするための、「めざすまちのイメージ」を示します。

「まちの形」:ネットワーク型コンパクトタウン
 誰もが住み慣れた地域でいきいきと心豊かに暮らし続けられるよう、各地域において、利便性や快適性が高く、人が集い賑わいのある拠点を創造するとともに、拠点間を結ぶ交通軸の強化などによる機能連携や他圏域との交流・広域連携を図るネットワーク型コンパクトタウンの形成を推進します。

「まちの色」:風情と風格が漂う国際的な観光文化環境都市
 日本の原風景ともいえる水と緑に包まれた豊かな自然や温泉、先人たちが育んできた歴史・文化など、本市ならではの多彩な魅力や特徴を大切に守り、生かすとともに、伊豆半島の東西と南北の軸が交わる交流の拠点として、他都市には決して真似のできない、風情と風格が漂う国際的な観光文化環境都市の実現に取り組みます。

「まちの力」:地域への愛着や誇りを基調とした多様な主体による協働と連携
 少子高齢化や人口減少の進行、コミュニティ機能の低下が懸念される中で、人と人、人と地域のつながりを支えるとともに、郷土の自然や歴史・文化に触れ、守り、育むことを通じて、地域への愛着や誇りを醸成することにより、本市を愛する多様な主体の情熱や英知、行動力の結集による協働と連携に取り組みます。

将来人口設定

 将来人口については、「伊豆市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」を踏まえ、平成37年度の設定人口を28,500人とします。

まちづくりの重点目標

 将来像で掲げた「自然・歴史・文化が薫る 誇りと活力に満ちた 『伊豆半島の新基軸(クロスロード)』・伊豆市」の実現に向け、この計画における重点目標を以下に定め、各種施策の推進を図ります。


 1.魅力あふれる拠点の創造と交通体系の確保
 2.安全で心地よい生活環境の創出
 3.産業力の強化
 4.まちへの誇りの醸成とブランド力の向上
 5.少子化対策と次代を担う人材の育成

このページに関するお問い合わせ

総合戦略課総合戦略スタッフ
伊豆市小立野38-2  電話:0558-72-9873  FAX:0558-74-3067