現在地
  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 交流・協働
  4. 平成26年度伊豆市未来塾最終回!市長へプレゼンテーション(H27.2.12実施)

平成26年度伊豆市未来塾最終回!市長へプレゼンテーション(H27.2.12実施)

若者が定住促進策を提案

 平成27年2月12日(木)、湯ケ島温泉内の旅館で、平成26年度伊豆市未来塾の塾生によるプレゼンテーションが行なわれました。これは、毎年テーマを決めて、伊豆市のシティープロモーションを市内外の若者が研究し、市長へ提案を行うワークショップです。平成26年度は、『定住促進』をテーマに、20人が参加しました。
 塾生たちは、3チームに分かれて、これまで調査研究してきた内容を踏まえて、定住促進のアイデアを市長などにプレゼンテーションしました。
 提案内容は以下のとおりです。

提案内容

自転車チーム
 『サイクルメッカ伊豆』のブランドを生かして、定住補助金を自転車購入券に一部改正をしたり、バイクラックを設置したりして、自転車利用者の定住を目指す。
留学チーム
 市外に住んでいる学生などに、市内の農家や旅館などの仕事を短期で体験することによって、利用者のUターン、Iターンを目指す。
古民家チーム
 伊豆市の古民家情報、求人情報を集めて公開するウェブページを制作し、伊豆市に興味を持つ人の定住を目指す。

市長の前でプレゼンテーション

市長の前でプレゼンテーション

提案の具体的な運用方法なども説明

提案の具体的な運用方法なども説明

感想・講評

市長
 「それぞれ実現するにはもうひと手間が必要です。ぜひ実現してもらいたいので頑張ってください」
未来塾を主宰する飯倉清太さん
 「みな実現可能なものから提案をしていた。インパクトのある提案もあり、ぜひ実行してほしい」
塾生
 「緊張して何を話しているか分からなくなりました。提案を実現させていきたいと思います」

活動成果の発表

活動成果として『い~ずらバル』を開催することを発表

活動成果として『い~ずらバル』を開催することを発表

 また、平成25年度の修了生が、未来塾で提案した『伊豆市でバルを開催』、『こども未来塾の開催』、『市内の企業と求職者とのマッチング』の成果を発表しました。
 それぞれ、提案を実現させており、今後に向けての問題点や改善策なども交えて発表していました。

このページに関するお問い合わせ

総合戦略課地域づくりスタッフ
伊豆市小立野38-2  電話:0558-74-3066  FAX:0558-72-6588