現在地
  1. トップページ
  2. くらし手続き
  3. 銃砲・刀剣
  4. 銃砲刀剣類について

銃砲刀剣類について

銃砲刀剣類の所持

 銃砲や刀剣類は、「何人も、次の各号のいずれかに該当する場合を除いては、銃砲又は刀剣類を所持してはならない。」(銃砲刀剣類所持等取締法第3条)とされ、法令等に定めのある場合を除き、所持することが禁止されています。
 しかし、美術品若しくは骨董品として価値のある火縄式銃砲等の古式銃砲又は美術品として価値のある刀剣類は、同法第14条の規定により、所有者の住所地である都道府県教育委員会で登録することにより所持することができます。

①「家から銃砲又は刀剣類が出てきました。どうすればいいですか。」

 発見された時の状況(日時や発見場所等)を忘れないようにメモしてください。過去に登録された形跡がなければ(登録証の有無も含めて)、『大仁警察署(生活安全課) 電話番号0558(76)0110』へ発見の連絡をします。

 登録(所持)を希望する場合には、警察で発行される「発見届出済証」に基づき、静岡県教育委員会が実施する銃砲刀剣類登録審査会で審査を行います。審査手数料は1件につき6,300円の手数料がかかります。審査基準に満たない刀剣類は登録できません。

 なお、所持を希望しない場合には、届け出た警察署において廃棄委託をしてください。

②「登録証をなくしてしまいました。どうすればいいですか。」

 すみやかに登録証の再交付を受ける必要があります。銃砲刀剣類の登録は各都道府県で実施するため、再交付申請は登録都道府県教育委員会へ行う必要があります。

 登録した県が不明の場合は、とりあえず静岡県教育委員会文化財保護課へ連絡してください。

※ 再交付手数料は1件につき、3,500円です。なお、再交付に当たっては登録審査会での現物確認審査が必要です。登録証のない状態での刀剣類の所持は違法行為なので、速やかな手続きが必要です。

③「所有者が変わりました。どうすればいいですか。」

  刀剣類を譲り受けた方が、当該刀剣類が登録されている都道府県教育委員会へ所有者変更届出書を提出します。

※ 銃砲刀剣類所持等取締法では、所有者変更の届出は20日以内に行うとされています。なお、所有者変更に伴う登録証の書き換えはありません。また、所有者変更届出に対する当該都道府県教育委員会からの通知は行っていません。

④「どういうものが登録の対象になるのですか。」

登録の可否については、銃砲刀剣類登録審査会での審査によって判断されます。

   登録対象となる銃砲刀剣類

 古式銃砲

  1. 火縄式銃砲
  2. 火打ち石式銃砲
  3. 管打ち式銃砲
  4. 紙薬包式銃砲
  5. ピン打ち式銃砲
  6. 前各号に準ずる古式銃砲

 以上の形式の古式銃砲であって、次の条件(客観的資料により証明できること)を満たすものが登録の対象となります。

  1. 日本製銃砲 概ね慶応三年(西暦1867年)以前に製造されたもの
  2. 外国製銃砲 概ね慶応三年(西暦1867年)以前に我が国に伝来したもの

 刀剣類

 日本刀が対象です。日本刀とは、武用又は鑑賞用として、伝統的な製作方法によって鍛錬し、焼き入れを施したものを言います。やり、なぎなた、ほこ等はこれに含まれます。
 登録は刃渡り15cm以上のものが対象ですが、それ以下のものでも、「発見届」の交付を受けたものは、必ず登録審査会で審査を受けてください。

平成30年度 銃砲刀剣類登録審査会のお知らせ




平成30年度銃砲刀剣類登録審査会開催日案内

 

静岡県教育委員会

<開催日時・会場>

 

登録審査日

銃砲

審査

審査会場

東部

平成30年 5月15日(火)

静岡県東部総合庁舎

沼津市高島本町13

別館4

3会議室

平成3012月 4日(火)

 

中部

平成30年 6月19日(火)

静岡県静岡総合庁舎

静岡市駿河区有明町220

本館7

8会議室

平成3010月 4日(木)

平成31年 2月12日(火)

西部

平成30年 7月24日(火)

 

静岡県浜松総合庁舎

浜松市中区中央1丁目121

9

901会議室

平成31年 1月15日(火)

 ※受け付けは午前930分から午前1130分までですので、時間内に御来場願います。

 ※審査は午後までかかる場合があります。

 ※銃砲が登録できるのは、上の表の銃砲審査欄に○印がある審査会のみです。

 

<留意点>

1 上記のいずれの開錠でも登録審査を受けることができます。警察署に銃砲刀剣類発見届を提出後速やかに登録してください。登録証の無い状態での銃砲刀剣類の所持は不法所持(銃砲刀剣類所持等取締法違反)となります。

2 審査会に使用する会議室は、庁舎内の当日の事情により変更することがあります。当日は庁舎内の案内掲示板等でご確認ください。

3 登録申請者は、原則として発見届出者(銃砲刀剣類の所有者)本人ですが、特別な事情のある場合は代理人を立てることができます。その際、代理人は申請者の委任状及び申請者から委任された当人であることを証明できる身分証明書(運転免許証等)をご持参ください。

4 新規で登録を受ける際、審査会場に持参していただくものは、以下のとおりです。

(1)登録希望の銃砲刀剣類

(2)警察署が交付した刀剣類発見届出済証(受付時に提出していただきます。)

(3)身分を証明するもの(運転免許証等を提示してください。)

(4)登録申請書(当日会場にも用意します。)

(5)登録審査手数料(新規登録のための審査を受けようとする場合、1件につき6,300円分の静岡県収入証紙を、申請書の所定の位置に貼付していただきます。証紙は、庁舎内の売店で当日購入できます。)

5 審査の結果、定められた基準により登録できない場合があります。

6 各会場とも駐車場には限りがあります。あらかじめご承知おきください。

7 不明な点は下記の連絡先までお問い合わせください。また、登録希望件数が多数(おおむね1人で10件以上)の場合は前日までに連絡してください。

8 銃砲刀剣類の持ち運びには十分ご注意ください。

 



お問い合わせ先

静岡県教育委員会文化財保護課 銃砲刀剣類担当へ

住 所 〒420-8601 静岡市葵区追手町9-6

電 話 054-221-3158

このページに関するお問い合わせ

社会教育課生涯学習スタッフ
伊豆市八幡500-1  電話:0558-83-5476  FAX:0558-83-5480