現在地
  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 広報・広聴
  4. 沖電気工業㈱、特定非営利活動法人地球緑化センターと市有林整備の協定を締結

沖電気工業㈱、特定非営利活動法人地球緑化センターと市有林整備の協定を締結

沖電気工業㈱には、これまでの活動に対して感謝状を贈呈

がっちりと握手を交わす3者

がっちりと握手を交わす3者

 平成25年3月12日(火)、市役所本庁で10年以上にわたり、市有林整備に協力している沖電気工業㈱(本社・東京都港区)に感謝状を贈呈しました。また、3月末で5年間の締結期限を迎えることから市、沖電気工業㈱、特定非営利活動法人地球緑化センターの3者で『森林整備及び交流活動に関する協定書』を再度締結しました。
 調印式で、沖電気工業㈱の柴田和佳子CSR(企業の社会的責任)部長は、「秋には、つるでクリスマスリースを作ったり、丸太の端でコースターを作ったりと参加した家族が楽しめるイベントもあるため続いているのだと思います。これからも引き続き、充実した活動をしていきたい」と今後の意気込みを語りました。

感謝状を手に沖電気工業㈱柴田CSR部長(左)と市長(右)

感謝状を手に沖電気工業㈱柴田CSR部長(左)と市長(右)

署名する地球緑化センターの新田均事務局長

署名する地球緑化センターの新田均事務局長

沖電気工業㈱のこれまでの活動内容と協定内容

 同社は、社会貢献事業の一つとして、伊豆市が合併する前の平成13年から合併後の平成19年までの7年間中伊豆地区の市有林で年1回、1泊2日で間伐を中心としたボランティア活動を実施し、地元住民と交流してきました。
 平成20年4月には、市との仲介役であった特定非営利活動法人地球緑化センターを含む3者で『森林整備及び交流活動に関する協定書』を締結し、西伊豆スカイライン沿いの市有林2haを活動場所に、スギ・ヒノキの間伐のほか、広葉樹の植栽、シカの食害防護柵の設置、下刈り、倒木の処理などに加え、ごみの収集活動も実施し、同社の沼津工場の社員や家族を中心に年2回、5年間で延べ432人が参加しました。地球緑化センターは、その際スタッフを派遣して、技術指導や森林に関する講話などを行っています。また今回の協定には、西伊豆スカイライン沿いの市有林(10.38haに拡充)に加え、新たに修善寺梅林に隣接する市有林2.73haが活動場所に加わりました。

間伐作業の様子

間伐作業の様子

クヌギ苗木を植える子どもたち

クヌギ苗木を植える子どもたち

このページに関するお問い合わせ

農林水産課林業自然保護スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-72-9893  FAX:0558-72-9909