現在地
  1. トップページ
  2. 仕事・産業
  3. 中小企業支援
  4. 労働基準法が改正されました

労働基準法が改正されました

H22.4.1より労働基準法が改正されました

長期労働時間を抑制し労働者の健康を確保するとともに仕事と生活の調和がとれた社会を実現することを目的に労働基準法が改正されました。

主な改正点は、次のとおりです。

主な改正点

①1ヶ月60時間を超える時間外労働の法定割増賃金率が引き上げられました
 ・1ヶ月60時間を超える法定時間外労働に対しては、使用者は50%以上の率で計算した割増賃金
  を支払わなくてはなりません。
 ・引上げ分の割増賃金(25%)の代わりに有給休暇(代替休暇)を労使協定により設けることができ
  ます。
 ・中小企業には当分の間適用が猶予されます。

②限度時間を越える時間外労働について割増賃金を上げるように努めること
 労使で協定を(特別条項付き36協定)を結ぶ際に、新たに
 ・限度時間を越えて働かせる一定の期間(1日を超え3ヶ月以内の期間、1年間)ごとに、限度時間
  を超える場合の割増賃金率を定めること
 ・2割5分を超える率とするよう努めること
 ・延長することができる時間数を短くするよう努めること
 が必要となります。

③労使協定により年次有給休暇の時間単位での付与が可能となりました。
 ・年5日を限度

詳しくは・・・

■お問合せ  県就業支援局労働政策課
           ℡ 054(221)2817

または


■厚生労働省ホームページへ

このページに関するお問い合わせ

観光商工課観光商工スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-72-9911  FAX:0558-72-9909