現在地
  1. トップページ
  2. くらし手続き
  3. 税金
  4. 平成21年10月から市県民税の公的年金からの引き落としが始まります

平成21年10月から市県民税の公的年金からの引き落としが始まります

 公的年金所得にかかる市県民税のお支払い方法が普通徴収(納付書または口座振替により自分で支払う)から特別徴収(年金から天引き)に変わります。

【対象となる年金】
  国民年金法に基づく老齢基礎年金(老齢基礎年金・老齢厚生年金・退職共済年金など)


【対象となる方】
 次のすべてに該当する方です。
 1.65歳以上の方
 2.前年中に公的年金を受給していた方
 3.現年の4月1日時点で公的年金を受給している方
 4.年金の年額が18万円を超えている方
 5.介護保険料がすでに年金から特別徴収されている方

【対象となる税額】
 年金からの天引きの対象となるのは、公的年金所得にかかる市県民税のみとなります。


【実施時期】
 平成21年10月支給分から実施されます。

【支払い月】
 公的年金の支給月(偶数月)

【支払い方法】
 ※特別徴収1年目と2年目以降で支払い方法が異なります。
(1)特別徴収1年目
 平成21年度はすべての対象者が次の支払い方法になります。
 ・年度の前半(普通徴収)
  市県民税額の半分を6月、8月に普通徴収により納付


 ・年度の後半(特別徴収)
  残りの半分の税額を10月、12月、2月の年金支給月に年金より天引き

(2)特別徴収2年目以降(前年度から継続して天引き)
 ・年度の前半(仮徴収)
  前年度の2月に天引きされた税額と同額を4月、6月、8月の年金支給月に年金より天引き


 ・年度の後半(本徴収)
  年税額から仮徴収額を引いた残りの税額を10月、12月、2月の年金支給月に年金より天引き

※年度途中で転出などの異動があった場合や、年金の支給額の変更などがあった場合、特別徴収は停止され、普通徴収での納付となります。



次の表は年金特別徴収の例です。

■年金特別徴収1年目・・・この年度の市県民税が18,000円の場合

  普通徴収 特別徴収
(納付書又は口座振替) (年金天引き)
徴収月      6月      8月    10月    12月 2月
納付住民税額 年税額の4分の1 年税額の6分の1
4,500円 4,500円 3,000円 3,000円 3,000円

■年金特別徴収2年目以降・・・この年度の市県民税が16,000円の場合

       特別徴収(仮徴収)      特別徴収(本徴収)
徴収月 4月 6月 8月 10月 12月 2月
納付住民税額 前年度の年総額の6分の1 年税額から仮徴収を
引いた額の3分の1
3,000円 3,000円 3,000円 2,400円 2,300円 2,300円


※公的年金所得のほかに給与所得、不動産所得など他の所得がある場合、これらの所得にかかる市県民税は従来どおり給与からの天引き(特別徴収)または納付書や口座振替など(普通徴収)による納付となります。


※この制度は市県民税の支払い方法を変更するものであり、これにより新たな負担が生じるものではありません。

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税スタッフ
伊豆市小立野38-2  電話:0558-72-9854  FAX:0558-72-6588