現在地
  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 計画・事業
  4. 伊豆をサイクルスポーツ、サイクルレジャーの”メッカ”に!

伊豆をサイクルスポーツ、サイクルレジャーの”メッカ”に!

伊豆サイクルフェスティバル開催趣旨

ツアー・オブ・ジャパン(TOJ)は、1996年に、我が国で初めて国際自転車競技連盟(UCI)から、日本を代表するナショナルステージレースとして公認され、アジア最高のステージレースと位置付けられ、注目されている。伊豆スカイラインをメインルートとするツアー・オブ・ジャパン「伊豆ステージ」の実施は、富士山や駿河湾、伊豆の山々等の素晴らしい眺望とともに、伊豆の魅力を内外にアピールする絶好の機会となる。

この「伊豆ステージ」をメインイベントとして、より多くの参加者や観客が集まる、伊豆観光の戦略的なイベントとするため、実業団・市民レースや学生レース、サイクルレジャー大会などを併せて行う「伊豆サイクルフェスティバル」を開催する。サイクル競技の複合型イベントととしては国内最大級のものとなり、地元市町村、観光関係団体、自転車関係団体等幅広い分野が協力、連携し、「伊豆サイクルフェスティバル運営協議会」を設置して取り組む。

<魅力と効果>

1 TOJ「伊豆ステージ」は世界的にも魅力のあるコースである
「伊豆ステージ」は、主会場となるサイクルスポーツセンター(CSC)が東名、新幹線等に比較的近く、選手等の移動が容易であること、レースコースの景観は、尾根を主体としているため、富士山をはじめ、箱根、天城、駿河湾、相模湾など日本を代表する美しい眺望がパノラマ的に開けること、標高は約300~700mで起伏に富んでいることなど、世界的にみても魅力のあるコースである。

2 伊豆地域は優れた環境、条件等を提供できる資質を備えている
魅力のあるレースとするためには、選手や競技の内容のほかに、地域のイメージと受け入れ環境、そこに住む人々の選手や観客への対応が極めて重要である。伊豆地域は、どこのステージにも負けない、美しく、ゆたかな自然やあたたかな雰囲気とともに、出場選手、スタッフ、観客等をこまやかにもてなす環境など、様々な条件を十二分に備えている。

3 サイクルフェスティバルは伊豆地域に大きなメリットをもたらす
 ①伊豆のソフト、ハード両面の多様な資源を生かせるとともに、伊豆のPR、交流人口の拡大等、観光振興に大 きく寄与する。
 ②伊豆の豊かで美しい自然環境に負荷の少ない、エコロジカルなイベントである。
 ③サイクルスポーツ、サイクルレジャーの愛好者は年々増加し、サイクル関連の発展が期待できる。
 ④国際的にも人気のあるスポーツ、レジャーであり、静岡空港開港に向けた伊豆の国際観光戦略にも結びつく。
 ⑤県東部地域が推進する「ファルマバレー構想」の一環として、ウェルネス環境づくりに寄与する。

このページに関するお問い合わせ

観光商工課観光商工スタッフ
伊豆市小立野24-1  電話:0558-72-9911  FAX:0558-72-9909