現在地
  1. トップページ
  2. 防災・安全
  3. 防災
  4. 土肥地区防災マップ

土肥地区防災マップ

土肥地区の防災マップです。津波・山・がけ崩れなどの災害時にご活用ください。
松原公園

松原公園

土肥地区

土肥地区

小土肥地区

小土肥地区

 土肥地区の防災マップです。津波が発生した場合の浸水域などが掲載されています。

八木沢地区

八木沢地区

位置図・凡例

位置図・凡例

土肥海岸

土肥海岸

 土肥地区・小土肥地区・八木沢地区および、位置図・凡例のPDFファイルです。ご活用ください。 

災害に備えましょう

 災害はいつ起こるか分かりません。日ごろから災害に対する意識を持ち、備えをしておきましょう。

【行動の手引き・チェック項目】
1 津波、山、がけ崩れの危険が予想される所にいたらすぐ避難
●近くの避難場所、また津波の場合は、高台・避難ビルへ

2 まず身を守る・必ず火の始末を
●机の下などにもぐり身を守りましょう。コンロなどの火を消しましょう。火が出ても落ち着いて初期消火しましょう。

3 わが家の安全確認
●火災や家屋の倒壊の危険はないですか?

4 避難は徒歩で、持ち物は少なく
●動きやすい服・ヘルメット・底の厚い靴で。ガスの元栓を閉め、電気のブレーカーを切りましょう。家族へ連絡メモを残していきましょう。

安全な場合・・・自主防災活動に参加しましょう。

危険な場合・・・避難場所へ急ぎましょう。

日ごろの備えを

●わが家の耐震診断・・・家の間取りがわかれば誰でも簡単に診断できます。

●ブロック塀の点検・・・特に通学路・避難路に面している所は補強しましょう。

●家具の転倒防止・・・寝室・居間・乳幼児のいる部屋にはできるだけ家具は置かないようにしましょう。

●家具は壁に固定しましょう。

●家族で話し合い・・・家族の役割分担を決めましょう。家族の集合場所を決めましょう。はぐれてしまった時の落ち合う場所を決めましょう。

●食料の備蓄・・・普段から非常食3日分を含む、7日程度の食料を準備しておきましょう。食料品の点検、入れ替えを忘れないようにしましょう。

●飲料水の備蓄・・・いつもお風呂に水を張っておきましょう。1人1日3リットルの水を、最低3日分用意しましょう。

非常持ち出し品を点検しましょう

 非常の場合の持ち出し品を点検し用意しておきましょう。

【用意しておくもの】
寝袋・毛布・下着類・タオル・せっけん・救急薬品・ラジオ・懐中電灯・手袋・ミルク・缶詰・家族3日分の食料・ロープ・飲料水・ローソク・マッチ、ライター・つり紙・ナイフ、缶きり・預金通帳・印鑑・現金

このページに関するお問い合わせ

防災安全課消防・防災スタッフ
伊豆市小立野38-2  電話:0558-72-9867  FAX:0558-72-6588