入湯税

(1) 入湯税とは・・・
  入湯税は,環境衛生施設,鉱泉源の保護管理施設,観光施設,消防施設等の整備
  および観光振興に要する費用にあてるための税で,鉱泉浴場における入湯行為に対
  して課税されます.
(2) 納税義務者
    鉱泉浴場における入湯客(12歳以上)
(3) 課税免除
・共同浴場又は一般公衆浴場に入湯する者.
・学校(大学を除く)の行事として行なわれる修学旅行に参加する者.
・伊豆市立老人憩いの家において入湯する無料の者.
・年齢12歳未満の者.
・利用料金が1000円未満の者.
(4) 税率
入湯客1人1泊または1日につき
   * 施設での利用料金5000円以上の者         ・・・・・ 150円
    * 施設での利用料金1000円以上5000円未満の者 ・・・・・ 100円
(5) 申告と納税
温泉施設の経営者(特別徴収義務者)が,毎月1日から末日までの入湯客数に
対して算出された税額を翌月15日までに申告・納税します。

お手元の申告書がなくなった場合には、新しい申告書を送付しますので、税務課までご連絡ください。

※新たに温泉施設の経営を開始した場合や、経営者の変更があった場合又は廃業した場合には、経営申告書の提出が必要になります。

このページに関するお問い合わせ

税務課市民税スタッフ
伊豆市小立野38-2  電話:0558-72-9854  FAX:0558-72-6588