現在地
  1. トップページ
  2. 健康・医療・福祉
  3. 介護保険
  4. 介護サービス費用のめやす

介護サービス費用のめやす

●サービス費用のめやす

介護サービスを利用したときの利用者負担額は、サービスにかかった費用の1割・2割または3割です。 利用者負担が高額になったときには、負担が軽減されるしくみもあります。


介護保険で利用できる額には上限があります
要介護状態区分に応じて介護保険で利用できるサービス費用の上限(支給限度)が決められています。上限の範囲内でサービスを利用した場合の利用者負担は1割・2割または3割ですが、上限を超えたときには超えた分の全額が利用者の負担となります。

■在宅サービスを利用できる上限額
支給限度額内で利用するサービスと、支給限度額とは別枠で利用するサービスがあります。
要介護状態区分 1か月の支給限度額 支給限度額とは別枠となるサービス
要支援1      5万  320円 ●福祉用具購入費の支給1年             間に10万円まで
要支援2     10万5,310円  
要介護1     16万7,650円 ●住宅改修費の支給1住居につき20万円まで
要介護2     19万7,050円 ●居宅療養管理指導
要介護3     27万  480円 ●特定施設入所者生活介護
要介護4     30万9,380円 ●認知症対応型共同生活介護
要介護5     36万2,170円  


■施設サービスを利用したときの費用
 施設に入所する場合は、
①施設サービス費の1割・2割または3割、②食費、③居住費、④日常生活費の全額が利用者の負担となります。


 
利用者負担が高額になったとき
同じ月に利用したサービスの利用者負担の合計額が一定額を超えたときは、申請により超えた分が「高額介護サービス費」として後から支給されます。
なお、同じ世帯内に複数の利用者がいる場合は、世帯の合計額が対象となります。

このページに関するお問い合わせ

健康長寿課介護保険スタッフ
伊豆市小立野66-1修善寺生きいきプラザ内  電話:0558-74-0150  FAX:0558-74-0151