現在地
  1. トップページ
  2. くらし手続き
  3. 上水道
  4. 水道事業の沿革

水道事業の沿革

旧4町の水道事業の沿革

修善寺地区の水道事業の沿革

事業名
認可年月
計画
給水人口
計画1日
最大給水量
備考
創設
昭和35年2月
13,000人
3,900m³/日
大野、年川水源
第1期拡張
昭和42年3月
18,000人
8,100m³/日
温泉場水道組合の統合
第2期拡張
昭和44年3月
18,000人
8,100m³/日
湯舟水源
第3期拡張
昭和46年3月
18,000人
14,000m³/日
熊坂水源、2,000m³配水池
第4期拡張
昭和59年6月
17,300人
17,000m³/日
持田水源、500m³配水池
第5期拡張
平成 5年9月

17,500人

17,500m³/日
2,000m³配水池

土肥地区の水道事業の沿革

事業名
認可年月日
計画
給水人口
計画1日
最大給水量
備考
創設
昭和5年10月23日
8,000人
1,100m³/日
土肥地区一円
小下道川及び藤ヶ沢の表流水を取水し、緩速ろ過の後自然流下で配水
第2次拡張
昭和40年3月
8,000人
3,000m³/日
小土肥簡水合併2,000m³/日
第3次拡張
昭和47年3月31日
8,000人
5,000m³/日
大洞及び長野水源2,000m³/日を追加
清越浄水場及び配水池1,000m³の新設
第4次拡張
昭和61年4月24日
5,500人
5,700m³/日
横瀬・天金簡水合併

天城湯ヶ島地区の水道事業の沿革

事業年度
主要工事等(水源設備・浄水場設備・配水本管工事等)

昭和35年度

創設(与市坂湧水900m³/日・配水池300m³・皆沢調整池90m³
   (宿・大滝・西平・市山・門野原・吉奈・月ヶ瀬・田沢・矢熊)
36
第1次拡張事業(随昌伏流水1,000m³/日・浅井戸用タ-ビンポンプ)
38
第2次拡張事業(ケカチ原調整池60m³・下船原の一部・青羽根)
42
第3次拡張事業
(杉本表流水3,000m³/日・鉢窪沈澱池1,000m³
緩速濾過池300㎡ラ3面・配水池600m³・茅野の一部本柿木の一部・松ヶ瀬)

50

第4次拡張事業
(嵩田表流水1,200m³/日・雲金沈澱池150m³×2面
急速濾過機1,200m³/日=2基交互運転・配水池450m³佐野の一部・雲金)        

平成3年度

第5次拡張事業
(田沢浅井戸1,560m³/日及び杉本表流水の増で合計認可、取水量は7,160m³/日、最大給水量は7,000m³/日)
(浄水場地質調査・導水管81m・配水管154+100m・取水施設建設及び浄水場造成工事・急速濾過機828m³/日×2機)          
4
第5次拡張事業(田沢浄水場建設工事382m³×2配水池・管理棟他)

中伊豆地区の水道事業の沿革

昭和25年
八幡・持越簡易水道創設(組合営)  貴僧坊簡易水道創設(組合営)
昭和26年
堰簡易水道創設(組合営)
昭和30年
下尾野簡易水道創設(組合営)
昭和32年
城簡易水道創設(組合営)  中原戸簡易水道創設(組合営)
昭和33年
戸倉野簡易水道創設(組合営)  徳永東簡易水道創設(組合営)
昭和35年
原保簡易水道創設(組合営)  菅引簡易水道創設(組合営)
昭和39年
冷川簡易水道創設(組合営)
昭和42年
白岩簡易水道創設(組合営)
簡易水道廃止
中伊豆町上水道事業開始給水人口13,000人、最大給水量6,500千m³
昭和49年

水源冷川(木橋 )  3,500m³  城    400m³

白岩    1,100m³  地蔵堂   1,500m³

平成12年
白岩配水池創設(貯水量600m³)

このページに関するお問い合わせ

上下水道課業務スタッフ
伊豆市八幡500-1  電話:0558-83-3950  FAX:0558-75-7177