ホーム > 市政 > 観光事業 > インバウンド > 台湾ブロガーの取材が行なわれました!

台湾ブロガーの取材が行なわれました!

左から王さん、夏さんの奥さん、夏さん左から王さん、夏さんの奥さん、夏さん

 平成27年12月8日(火)・9日(水)、台湾でブロガー(ブログ執筆者)として活躍する夏金剛(シャ・ジンガン)さんの取材が、伊豆市内修善寺温泉街・天城湯ケ島地区で行なわれました。
 台湾での静岡県の知名度向上を図るために、12月7日(月)~12月11日(金)に静岡県が協力して行った事業の一環です。
 静岡県台湾駐在員事務所の王(ワン)さんが同行しました。

3つの旅館を訪問しました

 3つの旅館(新井旅館・あさば・落合楼村上)を訪問しました。
 いずれも夏さんが以前から興味を持っていた施設です。

 新井旅館には、12月8日(火)に宿泊して、取材を行ないました。
 昭和9年(1934年)に建築された天平大浴堂で使われている檜が、台湾から運んだものだということを知り、とても驚いていました。
 
12月9日(水)には、あさばと落合楼村上を訪問しました。
 あさばでは、能の舞台はいつ行われるのか、どのくらい歴史がある旅館なのかを熱心に質問していました。
 落合楼村上では、女将から組子障子を説明していただき、繊細な日本の伝統技術に感動していました。

修善寺温泉街の散策もしました

 12月9日(水)には、修善寺温泉街の散策も行ないました。
 例年より紅葉の色づきが遅かったため、ちょうど見ごろのもみじを見ることができ、とても喜んでいました。
 晴天にも恵まれたため、「美しい写真を各所で撮影できた」と満足していました。

夏さんについて

 静岡県台湾駐在員事務所の王さんによると、夏さんは、台湾国内のブロガーの中で、写真の美しさに定評があるそうです。
 今回の行程でも、写真へのこだわりが随所に見られました。
 台湾では、ブログやSNSを参考にして旅行をする方が多いということから、夏さんのブログを通じて伊豆市の魅力が台湾内に広まることを期待しています。

夏さんのブログ

伊豆市の外国人受け入れについて

 伊豆市では、平成22年度に、市内宿泊施設・観光施設・交通事業者とともに、伊豆市インバウンド推進プロジェクトチームを結成し、積極的に外国人受け入れに取り組んでいます。
 平成27年度は、台湾やシンガポール、タイを重点地域と定めて事業を進めています。
お問合せ:伊豆市インバウンド推進プロジェクトチーム事務局(伊豆市役所観光課内)
電話:0558‐72‐9911 FAX:0558‐72‐9909

このページに関するお問い合わせ

観光商工課観光企画スタッフ 伊豆市小立野24-1本庁別館  電話:0558-72-9911  FAX:0558-72-9909  (本庁)