ホーム > 市政 > 観光事業 > インバウンド > 伊豆市インバウンド推進プロジェクトチーム、第2回おもてなし講座開催!

伊豆市インバウンド推進プロジェクトチーム、第2回おもてなし講座開催!

『外国人観光客へのおもてなし』を学ぶ

田中 三文さんのプロフィール田中 三文さんのプロフィール

 伊豆市インバウンド推進プロジェクトチームでは、おもてなし向上事業の一環として、平成27年度第2回おもてなし講座を平成27年10月15日(木)に伊豆市役所本庁別館にて開催しました。
 今回は、岐阜県高山市や三重県伊勢市、愛知県名古屋市などでの外国人観光客受入環境を整備してきた、田中 三文(たなか みつふみ)さんを講師にお迎えし、『外国人観光客へのおもてなし~先進地域の事例から伊豆市のインバウンド対応を考える~』と題した講演を行いました。
 市内外の宿泊施設・観光施設等の関係者が20名以上参加しました。

外国人観光客を受け入れるためには

視察を行った伊豆市観光案内所視察を行った伊豆市観光案内所

 田中さんのお話は、交通施設、観光施設、飲食施設、宿泊施設、観光案内所などのテーマごとに、実際の写真を見せながら進められ、大変分かりやすいものでした。

 まずは、『歓迎の意』(「ようこそ伊豆市へ」という気持ち)を伝えることが大切だと伝えられました。
 また、外国人観光客にとって分かりやすいということは、日本人観光客にとっても分かりやすいものであるという基準を教えてもらいました。
 具体的には、言葉だけではなく、色やピクトグラム(絵文字)を上手く利用するということです。

 そして、講座前日及び当日に視察した伊豆市内の観光地について、よいところと改善すべきところを単刀直入に指摘してくれました。
 伊豆市内及び近隣地域で暮らす参加者にとっては、気づかないことばかりで、目からうろこのお話でした。

 参加者からは、伊豆市で外国人観光客を受け入れる環境を整えるには何から始めればよいのか、コンビニエンスストアで外国人観光客の方と接するにはどのようにしたらよいのかなど積極的な質問があり、活発な講座となりました。

 伊豆市インバウンド推進プロジェクトチームでは、今後も多くの方々に、外国人観光客を受け入れることについて理解し、協力していただけるような講座を行っていきます。

伊豆市インバウンド推進プロジェクトチームとは

 平成22年度に、伊豆市インバウンド推進プロジェクトチームは、伊豆市と市内宿泊施設・観光施設・交通事業者とともに結成されました。
 台湾やシンガポール、タイを重点地域と定めて、インバウンド(外国人観光客誘客)事業を進めています。

お問い合わせ:伊豆市インバウンド推進プロジェクトチーム事務局(伊豆市役所観光課内)
電話:0558‐72‐9911 FAX:0558‐72‐9909

このページに関するお問い合わせ

観光商工課観光企画スタッフ 伊豆市小立野24-1本庁別館  電話:0558-72-9911  FAX:0558-72-9909  (本庁)