ホーム > くらし > 住まい・環境 > 野生鳥獣 > イズシカ問屋だより

イズシカ問屋だより

シカ・イノシシ肉の販売をしています。

イズシカ問屋イズシカ問屋

販売店舗は下記のとおりです。

◇ヤマモトフードセンター (大地讃頌) 
   住 所  静岡県伊豆市下船原6-1
   電 話  0558-87-0818
   HP  http://www.izushika.com/index.html

◇谷口精肉店
   住 所  静岡県伊豆市柏久保555-3
   電 話  0558-72-0537

◇水口精肉店
   住 所  静岡県伊豆市土肥465-3
   電 話  0558-98-0155

◇株式会社豪匠
   住 所  静岡県伊豆の国市田京152-1
   電 話  0558-76-1333

◇相原精肉店
   住 所  静岡県伊豆市修善寺691-8
   電 話  0558-72-3524

◇太田精肉店
   住 所  静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本977-1
   電 話  0557-23-0298

◇マルゼン精肉店
   住 所  静岡県伊豆市湯ヶ島234
   
電 話  0558-85-0429
   HP  http://www.29maruzen.com/

◇あまぎナチュラルストア
   住 所  静岡県伊豆市柳瀬608-37
   電 話  0558-83-2855

うまい!イズシカ丼!

 イズシカ問屋で衛生的に加工されたシカ肉は、市内の飲食店で『イズシカ丼』として
提供されています。

 それぞれの店舗で工夫が凝らされており、大変美味しいです。

 ぜひ、お召し上がりください!!

 

↓↓下記リンクで、店舗の紹介をしております。↓↓

ここでシカ味わえない♪伊豆市ヘルシーグルメ!!「イズシカ丼」デビュー☆

お知らせコーナー

 イズシカ肉の放射性物質検査結果について  (農林産物のページにあります)

 

イズシカ問屋のシカ肉は加熱用です。

「必ず加熱してからお召し上がり下さい。」

 注1 肉を処理した包丁・まな板は洗浄し、野菜等の直接口に入れる食材と同時に使用しないで下さい。

注2 冷凍保存で、消費期限が1年ありますが解凍後はその日にお召し上がり下さい。

注3 生食は絶対に避けて下さい。

 

イズシカ問屋のシカ肉は何が違うの?

イズシカ肉イズシカ肉

イズシカ問屋は、静岡県の野生動物肉の衛生及び品質確保に関するガイドラインを基本に衛生的に安全・安心なシカ肉の提供を行ってます。

【捕獲から販売までの流れ】

捕獲者による捕獲 → 搬入 → 個体検査 → 洗浄 → 剥皮 → 洗浄 → 熟成(数日) → ブロック加工 → 金属探知機による残弾チェック → 真空包装 → 瞬間液体凍結 → 冷凍保管 → 販売店

【ここが違うぞイズシカ問屋】

<洗浄>  

 電解水(強アルカリ水・強酸性水)を使うことで、強力な洗浄と殺菌により食中毒菌をシャットアウト。

 <熟成>

 骨が付いた状態で7日~10日前後、冷蔵保管することで骨から旨み成分が肉に染み込み、同時に余分な水分を減らす。

<瞬間液体冷凍>

 アルコール液による急速冷凍(約20~30分)で一気に‐30℃に冷凍することで、細胞組織を壊さず解凍後のドリップを軽減。

<個体番号管理>

 表示ラベルの個体番号により、いつ・どこで・だれが・どんな方法で捕獲したのか、トレサビリティーを実施。  

静岡県の野生動物肉の衛生及び品質確保に関するガイドライン

視察を希望される方へ

イズシカ問屋を視察先として検討していただきありがとうございます。視察を希望される場合は、下記の要領を参照の上、農林水産課(0558-72-9895)までご連絡ください。

◯視察対応日は、月曜日、水曜日、木曜日のいずれかです。(火曜日、金曜日も対応可能ですが、施設休業日のため作業はご覧になれません。)
◯原則として、個人の視察は受け入れておりません。
◯視察受け入れの条件として、市内で提供するイズシカ料理を召し上がっていただくようお願いしています。イズシカを使ったお弁当もございますので、ご相談ください。
◯宿泊の際は、ぜひ市内宿泊施設をご利用ください。

市内宿泊施設

イズシカ料理MAP(PDF:636KB)

このページに関するお問い合わせ

農林水産課林業自然保護スタッフ 伊豆市小立野24-1本庁別館  電話:0558-72-9893  FAX:0558-72-9909  (本庁)

関連情報

AdoveReaderを入手する

PDFのファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。