ホーム > 市政 > 市役所・施設・組織 > 温泉・観光施設 > 昭和の森会館(道の駅「天城越え」内)

昭和の森会館(道の駅「天城越え」内)

 昭和の森会館は、道の駅「天城越え」内にあります。自然の山々に囲まれ、近くには全国でも有数のハイキングコースがあります。また、文化の里にふさわしく、多くの文化人の作品があります。

 昭和5年(1930年)、昭和天皇が天城の八丁池に行幸されました。皇室にゆかりの深い天城山が、昭和53年(1978年)に、昭和天皇在位50年を記念して「昭和の森」に指定されました。天城峠一帯の1.600ヘクタールの国有林地内に、「昭和の森会館」を中心に憩いの森「天城山昭和の森自然休養林」が整備されました。天城の豊かな原生林を生かした自然休養林で、「森林浴の森」日本百選のひとつにも選ばれています。

【開館時間】8時30分~16時30分
【問合せ】昭和の森会館
〒410-3206、静岡県伊豆市湯ヶ島892-6
【電話】0558-85-1110
【FAX】0558-85-0668
【備考】車いす貸出あり(無料1台)森の情報館入り口でお問い合わせください。

森の情報館

 昭和天皇在位50年を記念して、昭和53年3月31日、林野庁はこの地を「天城山昭和の森」に指定し、国民が豊かな自然と触れ合い、自然に親しめるレクリエーションの場所として整備しました。八丁池、ブナの原生林や「伊豆の踊子」の舞台となった天城峠、狩野川の源流、美しい渓谷を含んだ総面積は約1,564haあります。ここには、遊歩道が整備され、自然に親しむ人たちを歓迎しています。

野鳥

 天城山周辺では、一年を通して多くの野鳥の観察ができます。寒天駐車場から八丁池までの間には、オオルリ歩道やコルリ歩道など鳥の名前がついたコースがありますが、自然の中で生活する野鳥はどこでも見ることができます。耳をすましてまわりに注意してみましょう。

農林業の歴史

 ワサビが栽培されるようになったのは、約400年前の慶長年間で、静岡県の安倍川流域の有東木が発祥の地とされています。天城湯ヶ島においては、延享元年、山守であった板垣勘四郎が、椎茸栽培の指導に、有東木に派遣され、帰国の際にワサビ苗を持ち帰り栽培したのが始まりとされています。

天城九木

 天城山を幕府が管理していた江戸時代、切ることを禁じていた木があります。スギ、ヒノキ、サワラ、マツ、ケヤキ、クス、カシの7種類で、これを「天城九木」というようになりました。明治時代にこれらの木が切り出され、軍艦「天城」が作られました。

伊豆近代文学博物館

 天城、伊豆ゆかりの文学者や作家120名の資料を展示。井上靖の通信簿、直筆の原稿、愛用品をはじめ川端康成の「伊豆の踊子」の生原稿など貴重な品を展示しています。本の中の感動を実際に目の前で体験なさってはいかがですか。そしてあなたも作者になってみませんか。

 森の情報館を抜けると大理石の入り口。涼しげに「近代文学」と書いた文字。数百人もの文学者や小説家が、この地で作品を生み出しました。

 ガラス越しに文豪の原稿を見ることができます。

伊豆の踊子伊豆の踊子

 川端康成自筆の「伊豆の踊子」があります。

 まだまだ、多くの著名人の作品が展示されています。実際に入館していただき、いろんな作品をご覧ください。家族で学べる文学博物館です。

料金のご案内

 

料金のご案内

 

大人

(中学生以上)

小人

(小学生)

伊豆近代

文学博物館

  300円

  100円

◎井上靖旧邸

 実際に井上靖が住んでいた井上邸を移築して、当時の雰囲気を今に伝えてくれています。
当時を伝える造りですが、大変保存状態が良いため、今でも十分住めるようになっています。その時代どこでもあった水車小屋が、今となっては展示物になっています。先生の生まれ育った時代に、適合した作りが再現されています。

天城グリーンガーデン

  昭和の森会館に隣接する5万5千平米もの広大な自然の楽園。園内では4月から6月にかけて500種、13000本のシャクナゲが咲き誇ります。一面に咲くシャクナゲは迫力がありますよ。また、天城山に自生する山野草など見ごたえがあります。家族みんなで自然の息吹を楽しみましょう。

開園時間:午前8時30分~午後4時30分

天城シャクナゲ

山のレストラン・緑の森

昭和の森にある道の駅天城越え内の食事処。中庭の四季折々の豊かな自然を眺めながら、黒米・ワサビ・伊豆牛・猪肉など地元の美味しい食材を味わうことができます。                                     

 

定番メニュー

 ・伊豆牛カレーライスセット930円
  伊豆ブランド伊豆牛肉使用・ミニサラダ・豆乳プリン
 ・とろろご飯定食 930円
  とろろ・ミニうどん・わさび漬・湯葉豆腐・ご飯
 ・とろろそば/うどん(冷やし) 880円
  とろろ・天城産本わさび付き、山菜・ネギから選べます。
 ・自家製猪肉チャーシュー 470円
  臭みがある猪肉を2晩かけてじっくり煮込んで、臭みのないチャーシューに仕上げました。
 ・猪そば/うどん 980円
  一面に広がった猪チャーシューと天城産本わさび付き
 

 ※その他にも地元メニューを豊富に取り揃えています。

【定休日】年中無休
【営業時間】売店:午前8時30分~午後4時30分/レストラン:午前9時30分~午後3時
【住所】静岡県伊豆市湯ヶ島892-6
【問合せ】山のレストラン緑の森 TEL0558-85-1109

 

緑の森(お土産店)

伊豆の名物名産特産品、しいたけ ・地酒などの地場産品、伊豆のわさびを使った加工品など豊富に取り揃えております。

 

イチオシ商品!!
・極上わさび漬 1,050円
 わさびは天城産「真妻」、「実生」のみ使用し、練りこんだ酒粕は新潟の銘酒「八海山」を使用しています。
・ビーワサのルービーのロークー 1本500円
 黒ビールに伊豆天城の本わさびをすりおろした贅沢な発砲酒です。

・猪サラミ 980円
・猪干しちゃいました(ジャーキー)1,080円
 お酒のおつまみには最高です。

 

天城の地酒・吟醸

地酒名

特  徴

価  格

浄蓮の滝

華やかな吟醸香と心地よいのど越しです。(やや辛口)

620円(300ml)

天城山

味はまろやかで、芳醇なお酒です。(辛口)

980円(720ml)

天城隧道

味はまろやかで、芳醇なお酒です。(辛口)

520円(300ml)

わさび酒

わさびのキレの良さと[健]のまろやかなおいしい水、2つの特徴をあわせ持つ、本格焼酎派が好む焼酎割りわさび酒です。

600円(300ml)

わさび生産農家の直売店「天城わさびの里」

~天城の清流と風土に育まれた、良い品質のわさびをもっと多くの人に届けたい~

天城わさびの里では、天城の清流と風土に育まれた高品質の新鮮な「わさび」と加工品を販売しています。
おすすめはリピーターの多い、生わさびをすりおろし、バニラソフトクリームにトッピングした「わさびソフト」。滑らかな甘さの中にピリッとしてツ~ンとくる辛さが絶妙に合います。
また、わさびの加工体験(わさび漬け作り)や生わさびの収穫も体験でき、丁寧に指導してくれます。

わさびの加工体験(わさび漬け作り)、生わさびの収穫体験は、事前に予約が必要になります。

わさび漬加工体験わさび漬加工体験

わさび加工品の品ぞろえ

わさびソフトクリームわさびソフトクリーム

・生わさびの卸値の変動がございますので、直接お問い合わせください。

・各種わさび詰め合わせについては、ご希望のご予算に合わせてご利用が可能です。

商 品 名

価  格

わさび漬(140g)

540円

上芽三杯漬 泣かせるぜ!(140g)

600円

わさびのり(120g)

540円

わさび茎 三杯漬 (140g)

540円

わさびみそ(140g)

330円

 

わさびソフトクリーム 300円

【定休日】年中無休
【営業時間】 午前8時30分~午後5時
※10月21日~2月20日は午前8時30分~午後4時30分となります。
【住所】静岡県伊豆市湯ヶ島892-6
【問合せ】天城わさびの里 TEL0558-85-0999

竹の子かあさんの店

 伊豆市の特産品のわさびと椎茸を味わうことができる!!
 竹の子かあさんは、地元のお母さんたちが中心となって天城で作られた野菜、工芸品などを販売しているお店です。
お母さんたちが作った、お菓子や揚げたてコロッケが美味しいため、多くの来訪者が買いに来てくれます。
アットホームな雰囲気ですので、ぜひ一度足を運んでください。

■店内の様子
 落ち着いた雰囲気のであり、手作りのお惣菜や地場産品を販売しています。

 

■店一番の売れ筋商品
 店内で揚げたアツアツの「しいたけコロッケ」は、伊豆市原木産しいたけをふんだんに使用しています。また、期間限定(11月~5月の初旬まで)伊豆わさび葉を使用した「わさびコロッケ」を販売いたします。ぜひご賞味ください。

しいたけコロッケ 120円

 

 

 

しいたけコロッケ/わさびコロッケしいたけコロッケ/わさびコロッケ

梅シロップ梅シロップ

    ■梅シロップ 
 月ヶ瀬梅園より厳選された新鮮な青梅とグラニュー糖漬けより自然ろ過にて抽出された、梅本来のおいしさがぎっしりと詰まった梅シロップです。一滴の水も一切の添加物も加えていないため、どなたにも安心して召し上がっていただけます。冬はお湯で、夏は冷水で5~6倍に希釈してお飲みください。
梅シロップ  500ml 1,080円 、300ml 700円

■その他
 森とミルクのクッキー、小麦まんじゅう、二色おにぎり、山菜おこわ、五目稲荷などもあります。

■竹の子かあさん贈り物
 「竹の子かあさん贈り物」承ります。手作りの品を集め詰め合わせた贈り物です。お中元、お歳暮などにいかがですか? 詳しくは電話でお問い合わせください。

【定休日】年中無休
【営業時間】午前9時30分~午後4時
【住所】静岡県伊豆市湯ヶ島892-6
【問合せ】生産者直売所、企業組合「竹の子かあさん」
【電話・FAX】 0558(85)1140

天城ハイキングコース

天城路ハイキングコース天城路ハイキングコース

 澄んだ青空、山の息吹を運んでくる風が吹く天城の里。深呼吸すると、空気がひと味違う奥深い森。清らかな渓流。昔も今も何一つ変わらない美しい自然の眺めが残る天城連山は、ハイキング愛好家たちのお気に入りのコース。
 初心者からエキスパートまで、個性あふれるハイキングコースがあります。自分のペースで歩きながら、さあ天城の四季をまるごと深呼吸。

■四季の魅力を五感でたのしむ
 新緑が芽吹く春。深い森に清流が輝く夏。そして紅と黄色のグラデーションで山装う秋。なに一つ変わらない自然のままの美しさが残る天城連山。散歩気分でふらりと歩ける初心者コースから本格的なエキスパート向けコースまで、スタイルに合わせて選べる個性派ぞろいのハイキングコースです。ハイキングした方だけが感じる、最高の爽快感と満足感があるでしょう。忙しい日々に追われながら、ついつい感動を忘れかけいる方。大自然がくれるこの上ない感動を一度体験してみてください。

■歴史や文学のロマンを楽しむ
 湯煙がかすかにたなびく、ひなびた湯治場の風情を残す街並み。この風景とたたずまいを愛してやまなかったのは、川端康成、横光利一、与謝野晶子、梶井基次郎、井上靖。学校の教科書で目にしたことがある文学界で有名な方たちばかりです。彼らが天城湯ヶ島を舞台に著した作品の中に登場する、隠れた名所を辿ってみたり、また彼らを讃える文学碑を巡ってみたり。天城湯ヶ島の文学ハイキングは、きっと無限のコースが組めるはずです。

■運動の後は温泉と山の恵みを楽しむ
 大自然を体で感じることができたら、心地いい疲れをまずは7つの天然温泉で癒しましょう。天城湯ヶ島の温泉は泉質・効能もそれぞれ個性的。一日歩いて疲れた足を癒してください。疲れがとれた後は、自然の恵みをいただくぱかり。清流の恵みは夏の鮎。山の宝石はワサビにシイタケ。そして冬は体が温まる猪鍋。すべてが自然産の天城の美味を思う存分昧わってください。

■山稜線
 山稜線コースには規模が大きいため、全コースを載せることができません。一部のコース案内だけさせていただきます。

 ■太郎杉歩道

滑沢川の川床は滑沢火山から流れ出した溶岩流一枚におおわれています。岩には冷却時の割れ目(節理)が刻まれています。その表面は水流にとって削られて滑らかになっており、その上を流れる清流は、正い”滑沢”と言えるでしょう。すぐ近くには竜姿の滝、林道の先には天城一の大木の太郎杉(推定樹齢450年・樹高53m)があります。また、付近の渓谷林にはカエデ類も多く、秋には美しい紅葉がみれます。
所要時間25分(1.3㎞)、
コース:昭和の森会館⇒滑沢渓谷⇒天然記念物・太郎杉


 

■八丁池
 バス終点の八丁池口から、さらに奥へ進む林道(八丁池遊歩道)をたどります。途中でコルリ歩道に入り、林道の大曲がりを近道します。再び山道(オオルリ歩道)に入り、ブナ林を登ります。やがて河津方面の海を見渡す青スズ台に登り着きます。ここからは、緩やかな下りが八丁池畔まで続きます。途中の展望台からは、原生林の中に光る池と富士山が望むことができます。
 帰路は水生地分岐までもどり、ブナ林に続く御幸歩道を下ります。白砂林道を横切り、さらに下れば本谷林道。林道をひと下りすれば水生地です。ここから踊子歩道をたどれば水生地下バス停は近いです。

交通案内

■特急踊子号:東京→修善寺、2時間15分
■新幹線
東京→三島、60分
名古屋→三島、1時間40分
新大阪→三島、3時間
■伊豆箱根鉄道:三島→修善寺、30分
■定期バス(東海バス)
修善寺→昭和の森、35分
河津→昭和の森、50分
■お車でお越しの場合
東名高速道路:沼津I.Cより1時間
新東名高速道路:長泉沼津I.Cより1時間

お問い合わせ

【開館時間】午前8時30分~午後4時30分
【問合せ】昭和の森会館
〒410-3206、静岡県伊豆市湯ヶ島892-6
【電話】0558-85-1110
【FAX】0558-85-0668
【E-mail】syowanomori@city.izu.shizuoka.jp

このページに関するお問い合わせ

観光商工課観光施設管理スタッフ 伊豆市小立野24-1本庁別館  電話:0558-72-9911  FAX:0558-72-9909  (本庁)